HOME » 種類別に探すパッケージ制作会社3選

種類別に探すパッケージ制作会社3選

パッケージデザイン会社探しにあたり、商品分野ごとにデザインが及ぼす影響や事例を紹介し、話題の制作会社もピックアップして取り上げたいと思います。

おすすめパッケージ制作会社を得意な商品分野別に選出

食品

食品のパッケージデザインかつては、商品そっちのけで、パッケージやネーミングの面白さやおしゃれさで売れるという時代もありましたが、今は違います。商品のコンセプトやターゲット設定によって、「正しい」パッケージデザインとは大きく変わってくるという事例があります。

食品のパッケージデザインに強い制作会社をチェック

菓子・スイーツ

お菓子のパッケージデザインこちらも食品と同じく、パッケージやネーミング、テレビCMの面白さで売れる時代もありましたが、今や、大人向けはもちろんのこと、子ども向けのお菓子であっても、ブランド戦略に基づいたパッケージデザインといったものが不可欠になっています。

菓子のパッケージデザインに強い制作会社をチェック

お茶

お茶のパッケージデザインペットボトルの普及とともに、一大市場が確立。他社との差別化を、どう図るかというのが重要事項になっています。主要3メーカーの「濃い味」のパッケージ比較の事例もご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

お茶のパッケージデザインに強い制作会社をチェック

お酒

お酒のパッケージデザインビール、ワイン、焼酎、日本酒など、それぞれに商品コンセプトやマーケティング戦略、ターゲット設定といった奥の深い作業が求められます。主要4メーカーの「糖質&プリン体0の発泡酒」の事例をケーススタディとしてご覧ください。

お酒のパッケージデザインに強い制作会社をチェック

日用品・トイレタリー

日用品のパッケージデザインこの分野は製品同士の差というものが、食品やお酒などより小さく、パッケージデザインで直感的に製品を選ぶということが期待できます。男性向け汗拭き洗顔シートの事例をご紹介していますので、こちらもご参考に。

日用品のパッケージデザインに強い制作会社をチェック

化粧品

化粧品のパッケージデザイン日用品・トイレタリーとは逆に、自分に合うか合わないかが大きな要素となります。そのため実際に使ってもらうための一歩として、ブランドやパッケージ戦略が重要になってきます。また、大手とベンチャー系の戦略の違いなどにも触れています。

化粧品のパッケージデザインに強い制作会社をチェック