お酒

お酒のパッケージデザイン会社探しをする前に、デザインが及ぼす影響や事例を紹介し、話題の制作会社もピックアップして取り上げたいと思います。

ひと口にお酒といっても、ビール、ワイン、焼酎、日本酒、そして近年では、ハイボールのブームなど、種類は実に様々です。それゆえに、商品コンセプトやマーケティング戦略、ターゲット設定なども、多種多様なものが求められます。例えばフルーティな味わいのものと、苦味やコクを極めたものは、当然求められる戦略やデザインは変わってきます。つまり、お酒という分野は、実に奥が深い世界であるということです(決して、他の分野が単純で簡単という意味ではありませんが)。

事例も沢山ありますが、例えば近年の健康嗜好を反映した「糖質&プリン体0の発泡酒」。主要4メーカーは、いずれも、このセグメントの商品のアイデンティティとして、青または水色をシンボルカラーとしています。パッケージとして一番人気となったのは、この分野の先駆者であるサッポロの「極ZERO」で、クラデーションの青の地色に金のアクセントカラーというデザイン。ただし、僅差の2位となったのは、発泡酒の分野ですでに地位を確立していたキリンの「淡麗プラチナダブル」。既存の淡麗ブランドの強みを活かし、淡麗のデザイン要素を踏襲しながら、青をアクセントカラーに加えるという手法でサッポロに肉薄。とりわけ60代以上の男性には、サッポロより好感度が上回るといった具合です。

ゼロゼロ発泡酒という一ジャンルだけを見ても、このような攻防が行われているのです。繰り返しになりますが、お酒という分野のパッケージデザインの際は、この分野への精通度合いや、戦略性や企画力といったところがかなり重要になってきます。

お酒のパッケージデザインに強いデザイン会社3選

本サイトで取り上げている中で、お酒のパッケージデザインで話題となっているのは、以下の3つのデザイン会社が挙げられます。

ミニラクリエイティブ

SSI認定「きき酒師」でもある社長のもと、「好きこそものの上手なれ」で、地ビールや地ワイン、地酒といった、大手メーカーとは違うこだわりをもつ商品のパッケージを多数担当。市場調査や分析、ブランドコンセプトの立案といったところまで踏み込んでのサービスを提供しています。

ミニラクリエイティブの公式サイトはこちら>>

関和デザイン

代表作は、地ビールの先駆者的存在の「銀河高原ビール」。ブルーの夜空に2匹のトナカイというシンボルは、今や確固たるブランドになっています。1996年の発売開始以来、ビール15種、ボトルビール3種、シーズンビール10種をすべて手がけているとのこと。

関和デザインの公式サイトはこちら>>

シュンビン

元々は樽やビンの製造業者。オリジナル形状のビン制作が評判となり、パッケージデザインにも進出しています。愛媛の温州みかんを本格焼酎にブレンドした「みかんの酒」、ルーマニアワインのハロウイン向け外装パッケージなど、個性的な事例を多数手がけています。

シュンビンの公式サイトはこちら>>