食品

食品パッケージデザイン会社探しをする前に、デザインが及ぼす影響や事例を紹介し、話題の制作会社もピックアップして取り上げたいと思います。

食品に限らずすべての分野に言えることですが、現在のパッケージデザインにおいては、商品そのもののコンセプトや競合製品との差別化といったことが重要になってきます。というのも、かつて食品というものは、パッケージやネーミングの面白さ、おしゃれさで売れるという時代がありました。しかし、今は違います。時代の流れにより、物事の本質を見極めようとする消費者が増えているからです。

例えばこんな事例があります。鳥肉をオリーブオイルで料理した缶詰。片方は、缶詰の中身を大きく見せ、美味しさに重きを置いて訴求したもの。もう一方は、ビストロなどでよく見かける、黒板に書かれた手書きの日替わりメニューを模してデザインしたもの。消費者テストでは、実に7割近くが前者を支持。ただし、30代女性に限ると半数近くが後者を支持という具合です。

つまり、商品のコンセプトやターゲット設定によって、「正しい」パッケージデザインが大きく変わってくるということ。こうした戦略・立案に長けた、食品分野にノウハウや実績があるデザイン会社こそ、検討したい業者と言えるでしょう。

食品に強いパッケージデザイン会社3選

本サイトで取り上げているデザイン会社の中で、食品パッケージデザインが得意で、評価の高いデザイン会社は、以下の3社です。

ヘルメス

スナック菓子のカルビー、菓子パンの第一屋製パンなど、実績多数。ある意味、同じ業界の競合他社を複数クライアントに持っているという点からも、同社の力量や信頼性がうかがえます。

ヘルメスの公式サイトはこちら>>

ミニラクリエイティブ

お酒のパッケージデザインが業界でも評判となっているデザイン会社で、その流れから、お酒とも関連性の高い食品のパッケージデザイン依頼も増えていったとのこと。「南青山で一番の食い道楽な制作会社」と称しているようです。

ミニラクリエイティブの公式サイトはこちら>>

T3デザイン

有効成分を多く含む植物由来の健康食品として話題になりつつある「スーパーフード」の事例で注目されています。ラベルで「くびれ」を表現し、期待されるダイエット効果を暗示するなど、理にかなった案を実践しています。

T3デザインの公式サイトはこちら>>