HOME » 種類別に探すパッケージ制作会社3選 » 日用品・トイレタリー

日用品・トイレタリー

日用品・トイレタリーの商品パッケージデザイン会社探しをする前に、デザインが及ぼす影響や事例を紹介し、話題の制作会社もピックアップして取り上げたいと思います。

洗剤や石鹸、ティッシュやトイレットペーパーなど、普段の生活とは切っても切れない製品というものは、率直に言ってしまいますと、製品同士の差というものが、食品やお酒といったものより小さいのが現状。言ってしまえば、一度手にした商品をそのまま使い続けることも多い反面、なにかのきっかけさえあれば、簡単に別の製品に流れやすいという傾向もあります。それゆえ、店頭などでパッケージデザインが果たす役割というものはより大きくなり、パッケージデザインで直感的に製品を選ぶということが期待できる分野と言えるのです。

例えば、夏の暑い時期に重宝する男性向けの汗拭き洗顔シート。資生堂は「凍えろ!顔面超絶クール!」、マンダムは「いつでも超サッパリ」、花王は「ニオイもスッキリ肌サラッサラ!」とのキャッチコピーで展開したところ、実に50%近くがマンダムを支持。ユーザーメリットが一番分かりやすいと評価されました。資生堂は命令口調に反感を感じる、花王はニオイを気にしていると思われたくないというのが不支持の理由。まさにちょっとした差が、売上を大きく左右するのがお分かりいただけるでしょう。

ご覧の通り、日用品・トイレタリーのパッケージデザインの際は、戦略性やターゲット層設定などにより、売上が大きく左右されるという側面があります。このことをしっかり踏まえた上で、業者選びをすべきと言えるでしょう。

日用品・トイレタリーのデザインに強いパッケージデザイン会社3選

本サイトで取り上げている中で、日用品・トイレタリーのパッケージデザインで話題となっているのは、以下の3つのデザイン会社です。

現代企画

メーカーを問わず、バス、トイレ、キッチン用のクリーナー類や清掃用スポンジ、洗濯用品、ボディ用タオルなどの実績が多数。加えてキャラクターデザインやネーミング開発などにもトータルで対応しているのも、同社ならではの強みと言えます。

現代企画の公式サイトはこちら>>

ココティエ

業界大手、花王の製品を幅広く手掛ける一方、競合他社とも言える、新進気鋭の企業が美容師とのコラボで手掛けるシャンプーやトリートメント、エステサロンとのコラボで開発したオリジナル化粧品といった案件も手がけており、得意分野としています。

ココティエの公式サイトはこちら>>

ミニラクリエイティブ

外資系トイレタリーの雄、シック「シェービングクリーム」の案件が代表事例。(株)フィッツボディジェルやデオドラントスプレー、ワックス類、香水などドラッグストアの棚に並びそうなコスメ・トイレタリーのパッケージデザインを手がけています。

ミニラクリエイティブの公式サイトはこちら>>