HOME » 【決定版】パッケージデザイン会社カタログ » ノーツデザインオフィス

ノーツデザインオフィス

東京・恵比寿に所在する、ノーツデザインオフィスについて、特徴や得意分野の傾向、デザイン事例、会社概要などをご紹介していきたいと思います。

東京・恵比寿、ノーツデザインオフィスはいかに?

ノーツデザインオフィス画像1
引用元:ノーツデザインオフィス公式HP
<http://www.notes-design.co.jp/works/rose-organics/>

ノーツデザインオフィスは、2012年設立と、本サイトで取り上げている中では最も「若い」会社になりますが、そのビジネススタイルは、なかなかに先進的かつ先鋭的です。同社は自らをデザイン会社ではなく、「CI、グラフィック、商品開発、パッケージ、WEB、インテリアを包括し、デザインを通して新しい価値を創造するブランディング会社」であると訴求しています。

つまり、同社の業務スタイルは、単に雑誌掲載用のグラフィック広告を作って欲しい、自社のwebサイトをかっこよくしたい、といった「単発」の仕事ではなく、一定以上の規模でおこなう包括的なブランディングが専門。その全体業務の一部門として、パッケージデザインも行なっているとのこと。もちろん、そこにも、プロジェクト全体と連動したコンセプトや他のデザイン物との連携・連動といったものが重要視されます

パッケージから店頭POPまでトータル的なデザイン

ノーツデザインオフィス
引用元:ノーツデザインオフィス公式HP
<http://www.notes-design.co.jp/works/seikatsunoki/>

あえて乱暴な言い方をしてしまいますと、同社は単純に、ひとつの製品のパッケージデザイン「だけ」を依頼するには、いささかオーバースペックな業者と言えます。逆に、ある商品のパッケージングから、販売促進用のツール、カタログ/パンフレット、店頭用POPといったものまでを、トータルで依頼したいという場合には、かなり相性がいいといえるでしょう。

事例においても、同社ホームページ上には、包括的なプロジェクトとして紹介されており、その中の一要素としてパッケージデザインも含まれているといった趣。例えば「ローズオーガニック」という化粧品の場合、ブランドロゴのデザインから始まり、パッケージ、ディスプレイプラン、販促用冊子といったものをセットで担当。

ノーツデザインオフィス画像3
引用元:ノーツデザインオフィス公式HP
<http://www.notes-design.co.jp/works/doutor/>

コーヒーショップチェーンのドトールコーヒーが展開したギフト向けキャンペーンにおいても、パッケージのみならず、グラフィック広告、販促用リーフレット、ディスプレイデザインなどを一括して請け負っているといった具合です。

繰り返しになりますが、同社にパッケージデザインを依頼したいという場合には、まず単発案件でも対応してもらえるのかを確認すべきでしょう。逆に、ブランディングという観点からプロジェクト全体を任せたいという場合には、検討してみるべき一社と言えそうです。

会社概要

ノーツデザインオフィス画像4
引用元:ノーツデザインオフィス公式HP
<http://www.notes-design.co.jp/>
会社名 株式会社ノーツデザインオフィス
設立 2012年
所在地 東京都渋谷区恵比寿西2-17-16 代官山TKビル
加盟団体 記載なし

ノーツデザインオフィス以外の
パッケージデザイン会社はこちら>>