ブランディング戦略におけるパッケージデザインとは? パッケージデザイン総合解説
パッケージデザイン会社の選び方 » 種類別に探すパッケージ制作会社3選 » 本のイメージアップ!書籍の装丁デザインならこの会社

本のイメージアップ!書籍の装丁デザインならこの会社

書籍の装丁

装丁

書籍の装丁デザイン会社探しをする前に、デザインが及ぼす影響や事例を紹介し、話題の制作会社もピックアップして取り上げたいと思います。

書店で書籍を購入する際、本のタイトルや作者、話題や人気で本を選ぶ人も少なくないでしょう。ただ購入の後押しをしたり、逆に購入を思い留まらせたりするのが書籍の装丁です。人によっては書籍の装丁で思わず購入してしまうケースもあるでしょう

装丁とは書籍の表紙デザインの事であり、書店に行けば一番先に目にするポイントです。書籍の装丁がちょっと気になると、ついついどのような本なのか気になって手に取ってしまうことでしょう。逆にタイトルだけならまったく気にならない本もあります。そしてその本に抱くイメージも装丁によって変わってくることでしょう。まさに電子書籍にはない魅力です。

書籍の装丁のありなしでタイトルの持つイメージがどれだけ変わってしまうのか、実例を紹介してみましょう。

2016年の本屋大賞にもノミネートされ、映画化で話題作になった人気小説に『君の膵臓を食べたい』があります。タイトルだけならホラーなのか、サスペンスなのか、と思ってしまう人もいるでしょう。ですが、書籍の装丁を見ると若い男女が桜が咲く土手にいる綺麗なイラストで、これを見ればホラーでもサスペンスでもない、ラブストーリーなのではと思わせてくれます。

ラブストーリーなのに『君の膵臓を食べたい』ってどういうことなんだろう、と興味を持ってしまうでしょう。まさに書籍の装丁デザインの力によるものが大きいと言えます。

タイトルだけでは伝わらない書籍の内容は、書籍の装丁デザインで大きく変わります。いくら本の内容が素晴らしくても、手に取ってもらえなければ埋もれてしまうものです。そのため書籍のジャンル、ターゲットに合ったデザインが提案できる業者選びは重要になってくるでしょう。

書籍の装丁を手掛けるデザイン会社

数あるデザイン会社の中で書籍の装丁のデザインが得意なデザイン会社を一部ご紹介します。(2021年11月調査時点)

ブックウォール

ブックウォールで手がけているのは、書籍の装幀やブックデザイン、エディトリアルデザインが中心。例えば書籍の装幀を担当する際は、タイトルの文字ひとつをとっても十分な熟考を重ねながらデザインを行います。「タイトルは読むと同時に見せるもの」という考えから、細部にまで手をかけていきます。
また、手触りや見返しからも物語の雰囲気を作り出すという点も重厚な雰囲気が魅力の書籍の場合には、カバーを外した時にも重厚さを感じられるような表紙などを使うことも特徴のひとつです。

アップライン

20年以上の実績を活かすデザイン制作を行っているアップラインには10数名のデザイナーが在籍していますが、案件が発生すると適していると考えられるデザイナーを選出します。また、ボリュームの多い案件についてはデザインチームを編成することで丁寧・スピーディーに対応します。
また、同社ではお客さまの予算に合わせたプランを提案します。しっかりと納期を守り、お客様の予算や要望に合ったデザインを提供してくれる会社です。

デジカル

デジカルは2003年に編集プロダクションとして創業以来、「読まれるモノとコトをデザインする」をモットーにコンテンツ制作・発信事業を展開しています。
企画のコンセプトに寄り添った誌面装丁デザイン・組版・データ入稿まで、トータルで制作。電子書籍、プリント・オン・デマンドにも対応しています。イラストや図解制作についても、多彩なバリエーションのテイストから提案してくれます。

パッケージデザインの一例

府中三億円事件を計画・実行したのは私です。

株式会社ブックウォールのデザイン例
引用元:株式会社ブックウォール公式サイト
<http://bookwall.jp/works/page/4>

【デザイン会社:株式会社ブックウォール】

日本犯罪史上に残る最も有名な事件と言っても過言ではない3億円事件。その犯人を名乗る人が書いた告白本という事で話題になりました。表紙前面に、3億円事件の犯人のモンタージュ写真を配し、誰が見ても3億円事件の関連の本だという事が分かるようになっています。そのモンタージュ写真の中央に位置するように、本のタイトルが書かれています。まるで、モンタージュ写真の顔を隠すように。これは、これまで長い間犯人だと思われていた犯人の顔は偽りで、本当の犯人は私ですよ。今までの犯人の顔は忘れてくださいね。と読者に呼び掛けている様を表しています。

また、この小説は元々はケータイ小説での作品で話題になったから書籍化されたというものです。その為、話題沸騰中ということを知らせる為に、サイトの名前、PV数を徐々に見やすい色やフォントにして、売りである「第1位」を特に目立たせています。そうすることで、読者の購買欲を掻き立てられるようなデザインになっています。

学校では教えてくれない戦国氏の授業

株式会社ブックウォールのデザイン例
引用元:株式会社ブックウォール公式サイト
<http://bookwall.jp/works/page/5>

【デザイン会社:株式会社ブックウォール】

学生の頃に習った歴史、特に戦国時代について細かい部分まで書かれている本です。タイトルの通り、戦国史の授業という事もあり、表紙には2通りの戦国武将の肖像画があります。左側は、のちに江戸幕府を開く徳川家康の肖像画で、教科書でもよく見る絵です。右側は豊臣秀吉なのですが、あまり見たことのない肖像画です。豊臣秀吉というと、豪華絢爛な背景に白い束帯姿の肖像画が有名ですが、なぜこの肖像画を選んだのでしょう。タイトルにもある「学校では教えてくれない」という言葉通り、普段見慣れていて勝手に人物像をイメージしている肖像画ではなく、別の肖像画を使うことによりそのイメージをまずは崩すという意図があります。本当の秀吉はこういう姿だったんだ、それならこの徳川家康も勝手にイメージしているだけで、本当は全く違う人物だったのかもしれないと読者に想像させられるようになっています。

おくりびとは名探偵

株式会社ブックウォールのデザイン例
引用元:株式会社ブックウォール公式サイト
<http://bookwall.jp/works/page/5>

【デザイン会社:株式会社ブックウォール】

おくりびととは、故人を棺に納めるために必要な準備を行う専門家のことをいいます。そのおくりびとが名探偵として、様々な事件を解決する物語です。表紙には漫画のイラストで2人の人物が描かれています。おそらく手前の喪服を着た男性が「おくりびと」でしょう。

名探偵と言えばだれを思い浮かべますか?シャーロックホームズや明智小五郎など有名な名探偵がいますが、その中でも「ミス・マープル」に雰囲気が似ています。ミス・マープルはお婆さんで、家の中の椅子に座りながら事件を解決していきます。このおくりびとは、表情も優しく描かれており、座っていることにより、名探偵ミス・マープルを連想させるようなデザインになっています。

また、表紙をイラストで描くことにより推理小説は難しいというイメージを、優しくしてくれるという効果もあります。この人物はどのように事件を解決するのだろうという期待感を持たせた表紙になっています。

日本の美しいかき氷

アップライン株式会社のデザイン例
引用元:アップライン株式会社公式サイト
<https://www.up-line.co.jp/works/4192.html>

【デザイン会社:アップライン株式会社】

様々なかき氷の写真を紹介している写真集です。かき氷に限らず、ドリンクなどもインスタ映えという言葉通り見た目が非常に美しいものが多くあります。この本の表紙も、色合いや美しさを重視したデザインになっています。

まず表紙は、背景を暗くしてかき氷のイチゴとシロップが強調されるようになっています。黒色と白色と赤色の3色しか使用していませんが、余計な背景がないことによりかき氷の色が浮き上がっているようにも見えます。実物は、シンプルなかき氷なのでしょうが、闇夜に浮かぶ美しい赤色が良く目立ち、見た目は美しく、味もシロップが濃厚で美味しそうと感じさせるようになっています。

タイトルに関しても、かき氷の文字を大きくして白色文字を使うことにより、表紙写真のかき氷の氷部分の白色とうまく合わせられるようにもデザインされています。味はもちろんそうですが、このかき氷が美しいから写真を取りに行こう、実際に見に行こうという考えを思い起こさせてくれます。

廃線終着駅を訪ねる

アップライン株式会社のデザイン例
引用元:アップライン株式会社公式サイト
<https://www.up-line.co.jp/works/g_vehicle/536.html>

【デザイン会社:アップライン株式会社】

この本は、2つの意味をこの表紙の写真に込めています。

まず終着駅の本という事で、車止めを前面に押し出した写真を使用しています。車止めは終着駅や、線路がこれ以上繋がっていないという事を表す象徴です。なので、これを大きく使うことによって終着駅の本であるという事が表されています。

次に、線路の周りに生い茂っている草木です。都市圏の接道路線や近郊路線の線路には、草などはあまり生えておらず、しっかりと手入れがなされています。しかしこの写真では、草木が生え手入れがなされていないようです。このことから、廃線になって使われていない路線か、もしくはまもなく廃止になる路線であるということが想像できます。

線路や車止めだけをただ移すのではなく、奥にある車両を映すことで、旅情気分や配線巡りといった気分にもさせてくれます。その中にもどことなく寂しい雰囲気も漂っており、鉄道が好きな人がぜひとも行きたいと、心を鷲掴みにされるデザインになっています。

「私が笑ったら死にますから」と水品さんは言ったんだ。

株式会社ブックウォールのデザイン例
引用元:株式会社ブックウォール公式サイト
<http://bookwall.jp/works/page/5>

【デザイン会社:株式会社ブックウォール】

表紙にはものさみし気な、ミステリアスな少女が描かれています。実際の写真ではなく漫画のイラストで描かれており、手に取りやすい柔らかなイメージの表紙になっています。

本のタイトルで「笑えない」という事が言われており、少女の表情で「笑えない」「心の影がある」ことを上手く表現しています。その中でも、青空の下にいる制服姿の少女との恋愛を感じさせるデザインにもなっています。

『君の膵臓を食べたい』もタイトルから恋愛小説を想像出来ず、どんな物語なのだろうと想像力を掻き立てられるものでしたが、この小説も同じようにイメージを膨らまされるものになっています。

証言貧困女子

株式会社ブックウォールのデザイン例
引用元:株式会社ブックウォール公式サイト
<http://bookwall.jp/works/page/7>

【デザイン会社:株式会社ブックウォール】

貧困女子という現代の問題点を取り上げたノンフィクションの本です。テーマがテーマなだけに、表紙に派手な装飾はなくタイトルだけを大きく表示しています。白地に黒文字というシンプルさながら、フォントを他の文字と変えることで怖さや深刻さを表現しています。ノンフィクションの本の表紙は、このようなシンプルなものから、実際の写真を使用するものまで幅広くあり、テーマによって使い分けています。この本は、上半分はシンプルでありながら深刻さを感じさせるもの、下半分はイメージしやすいように実際の写真を使用しています。黒髪の乱れた女性のやつれた横顔を表紙にすることで、貧困女子の実態や現状を読者に容易に想像しやすいようにしています。また、貧困において問題とされる「貧困スパイラル」の色を目立つ色に変えて、貧困女子=貧困スパイラルの現状を繋ぎ合わせています。

こころ食堂のおもいで御飯

株式会社ブックウォールのデザイン例
引用元:株式会社ブックウォール公式サイト
<http://bookwall.jp/works/page/7>

【デザイン会社:株式会社ブックウォール】

本を手に取った時に、まず目につくのが「ほっかほっか」という文字です。その言葉通り、表紙にはあつあつの鍋焼きうどんのイラストが描かれています。うどんのコシや、具材のツヤ、鍋から出るたくさんの湯気は、美味しさや食事が持つ温かさを訴えかけるデザインになっています。

暖かい物を家族や友人、恋人と一緒に食べることにより、心も温かくなります。その際に、楽しい話や思い出話も出ることでしょう。もしかしたら、鍋焼きうどんという食べ物であることから、自宅ではない場所での食事=外食や、旅先での食事かもしれません。なおさら、鍋焼きうどんを食べる時は楽しい思い出や会話を思い出す「おもいで御飯」になりうるはずです。

Go Forward!: 櫻木学院高校ラグビー部の熱闘

株式会社ブックウォールのデザイン例
引用元:株式会社ブックウォール公式サイト
<http://bookwall.jp/works/page/45>

【デザイン会社:株式会社ブックウォール】

ラグビーを題材にした本です。実際の写真ではなく漫画のイラストで描かれており、手に取りやすい柔らかなイメージの表紙になっています。

中央からこちらに向かって駆けてくる赤いユニフォームの人物の表情が、この物語のすべてを語っています。手前の選手の背番号が「15」のフルバックというポジションであるので、まもなくトライをする寸前を描いているのでしょう。これまでは弱小でトライなど出来なかったチームが、必死の練習でいよいよ初トライを奪う瞬間だということがイラストから感じ取れます。

本のタイトルも斜めにして、周りを線で囲むことにより疾走感のあるデザインに仕上げています。また疾走感だけでなく、ラグビーの持つ重厚感も感じられるように後ろの「GO Forward!」の文字の大きさやフォントで表現しています。

カードキャプターさくら クリアカード編6巻『カードキャプターさくら展オーディオガイドCD付き 特装版』特別小冊子

有限会社パルパレットのデザイン例
引用元:有限会社パルパレット公式サイト
<http://ppd.sakura.ne.jp/works/ad/2019-04-18.html>

【デザイン会社:有限会社パルパレット】

カードキャプターさくらの特別小冊子です。カードキャプターさくらというだけあって、全体的にピンク色を基調としており、桜の花びらをちりばめたデザインになっています。一目見て、カードキャプターさくらだとわかるよう、「さくら展」という文字は他の文字と色やフォント、大きさを変えて特に目立つようになっています。

カードキャプターさくらは小学生以下の女の子を対象としたアニメですので、落ち着いたデザインでありながらも、桜の花びらがハートのような形に見えるよう工夫されたり、背面に模様を付けるなどしており、どことなく「可愛さ」を感じられます。

小学生の女の子は背伸びをしたがるお年頃ということもあり、キャラクターを全面的に出す一般的な女児向けのデザインではなく、少し大人びた、女子高校生や女子大学生が使用する大学ノートのデザインに似せており、大人の仲間入りを思わせてくれるようにも考えられています。

「きぼう」のつくりかた

「きぼう」のつくりかた
引用元:株式会社LINICA / LINICA,inc.公式サイト
<https://linica.jp/works/how-to-make-kibo/>

【デザイン会社:株式会社LINICA / LINICA,inc.】

国際宇宙ステーション日本実験棟「きぼう」の建設を指揮したプロジェクトマネージャー、長谷川義幸さんによる、プロジェクトマネジメント視点で描かれた手記「「きぼう」のつくりかた」の装丁をデザインしている事例です。想定される読者層には、巨大プロジェクトのプロジェクトマネジメントに関心のあるビジネスパーソンも含まれますので、ビジネス書エリアでの背並びまで考慮して、色を設計しているのは見逃せないポイントです。

すとろべりーめもりー vol.2

すとろべりーめもりー vol.2
引用元:アップライン株式会社公式サイト
<https://www.up-line.co.jp/works/4210.html>

【デザイン会社:アップライン株式会社】

大人気6人組エンタメユニット「すとぷり」の公式ファンブック「すとろべりーめもりー vol.2」が登場しました。

ここだけの撮りおろしフォトや、メンバー同士の秘密の話、特別連載も掲載しています。表紙はとくにカラフルでポップな色合いになっており、楽しそうな雰囲気も伝わって来ますね。

クレーン・デリック運転士 テキスト&問題集

>クレーン・デリック運転士
引用元:アップライン株式会社公式サイト
<https://www.up-line.co.jp/works/4392.html>

【デザイン会社:アップライン株式会社】

「クレーン・デリック運転士 テキスト&問題集」は、クレーン・デリック運転士の学科試験を、1回でクリアするための本です。読みやすいテキストと、本試験対策の問題集がセットになっています。豊富な練習問題を解きながら、目で見てわかるビジュアルテキストと、キーワードを隠せる赤シートで、要点を楽々マスターすることができる問題集です。試験直前対策としても、予想模試3回分を掲載しています。

「1回で受かる!」といったパワーワードがすぐに目に飛び込んでくるよう配置されたデザインと、カラーにぜひご注目ください。

チベットの原風景

チベットの原風景
引用元:アップライン株式会社公式サイト
<https://www.up-line.co.jp/works/4401.html>

【デザイン会社:アップライン株式会社】

写真家・藤原新也氏がウイスキー評論家となる原点は、40年前の西チベット、ラダック・ザンスカールの旅にありました。40年ぶりに蘇った当時のポジやモノクロ写真に触発された著者が、当時の記録と、この本のために新たに書き下ろした原稿約300枚を、1冊にまとめたのが「チベットの原風景」です。かつてはチベットのツチヤと呼ばれた著者が、なぜフォーカスの事件記者となり、そしてイギリスに渡ったのか。原点となったラダック・ザンスカールの世界がここに語られます。

タイトルの通り、チベットの原風景を垣間見られそうな表紙にセンスが光ります。

「本当の豊かさ」はブッシュマンが知っている

「本当の豊かさ」はブッシュマンが知っている
引用元:アップライン株式会社公式サイト
<https://www.up-line.co.jp/works/4395.html>

【デザイン会社:アップライン株式会社】

人類は、農耕を開始するまでの20万年間、今よりずっと少ない労働時間で、ずっと豊かな暮らしを送っていました。では現代の私たちの労働や豊かさに対する考え方は正しいのでしょうか?気鋭の人類学者が、現代文明の常識を根底から問い直す意欲作「「本当の豊かさ」はブッシュマンが知っている」は、帯に記載されている「想像してみよう、週に15時間しか働かなくていい社会を」という言葉も印象的です。

消費者に問いかける文言は、勤勉は美徳と考えてしまう日本人に対して問題を提起。私たちが豊かと考えていた世界は本当に正しかったのかを、ストレートに投げかけています。ブッシュマンという民族を知らない方でも、どのような内容が書かれているのか想像しやすいパッケージデザインというのも魅力的なポイント。数多くある本の中から一瞬で本の内容を伝えることによって、選ばれやすい、購入されやすい本に育てるデザインです。

アフリカ南部に住んでいる採集狩猟民族サン人をイメージさせる表紙に、消費者はつい手に取ってしまうでしょう。

ジェラシーが支配する国

ジェラシーが支配する国
引用元:株式会社 商業デザインセンター公式サイト
<https://www.cdcenter.co.jp/works/binding/jealousy.html>

【デザイン会社:株式会社 商業デザインセンター】

「ジェラシーが支配する国」は、今から40年以上もさかのぼり、数々の事件をひも解きながら、日本の国民の習性を鋭く突いた社会学の本。ジェラシーという言葉を、人のさまざまな眼で表現しています。表紙の色と、たくさんの目が浮いているようなデザインは、どこか気味の悪さを感じずにはいられないはず。それでもつい手に取ってしまいそうなデザインに仕上がっている1冊です。

月刊旅行読売

月刊旅行読売
引用元:株式会社 商業デザインセンター公式サイト
<https://www.cdcenter.co.jp/works/binding/tabiyomi2014.html>

【デザイン会社:株式会社 商業デザインセンター】

「月刊旅行読売」は国内の記事が主体で、旅専門のリーディングマガジンとして根強い人気があります。

株式会社商業デザインセンターでは、ロゴタイプの開発と、装丁、目次を担当しています。

つい行ってみたくなるダイナミックな写真と見出しの表紙が興味を引きます。

誤解だらけの明智光秀

誤解だらけの明智光秀
引用元:株式会社デジカル公式サイト
<https://www.digical.co.jp/isshki/>

【デザイン会社:株式会社デジカル】

「誤解だらけの明智光秀」は、新しい光秀像を発見できる本。6月14日は戦国武将、明智光秀の命日とされる日です。謀反人として後世に伝えられている明智光秀の足跡をたどりながら、歴史に混じる誤解を解いて行くという1冊です。読みやすい語り口でするすると読めてしまう内容の良質さはもちろん、表紙の明智光秀の精悍な顔立ちも目を引きます。

単位キャラクター事典

単位キャラクター事典
引用元:株式会社デジカル公式サイト
<https://www.digical.co.jp/isshki/>

【デザイン会社:株式会社デジカル】

「単位キャラクター事典」は、文系の人でも楽しく単位について学べる1冊です。毎日の暮らしの中で目にする単位から、聞いたことあるけど詳しくはわからないという単位までを、イメージで覚えやすく、可愛いキャラクターでわかりやすく解説しています。

株式会社デジカルでは、カバーデザイン、本文デザイン、DTPの制作を手がけているそうです。

不安が自信に変わる話し方の教室


引用元:株式会社デジカル公式サイト
<https://www.digical.co.jp/isshki/>

【デザイン会社:株式会社デジカル】

ここ最近はリモートワークが中心になった企業も多く、対面ではなく、オンラインでの対話が増えましたが、より一層コミュニケーションのとり方が大切だとみんなが実感しています。「不安が自信に変わる話し方の教室」は、対談形式のhow-to本。レッスンに参加している気分でコツを学ぶことができます。

「話し方の教室」というタイトルにかけている教室の入口を描いた表紙が印象的です。

大丸松坂屋フリーチョイスギフト 2020


引用元:株式会社T3デザイン公式サイト
<https://www.t3design.co.jp/works/264>

【デザイン会社:株式会社デジカル】

「大丸松坂屋フリーチョイスギフト 2020」は、いろんなカタチのブーケを贈るカタログギフト。2019年に引き続き、株式会社T3デザインが装丁を担当しています。

欲しいものを自由に選べるカタログギフトは、まさにいろんなカタチに変わる贈り物。そんな色々なカタチを幾何学で表現してお花を包みこみ、ブーケにしました。鮮やかな色合いの華やかなブーケを贈るようなビジュアルが、晴れやかな日に幸せをおすそ分けしてくれるような、気持ちまで晴れやかになれるカタログギフトです。

死にたがりの君に贈る物語

bookwallのデザイン例
引用元:bookwall公式サイト
<http://bookwall.jp/works>

【デザイン会社:bookwall】

涙を流す少女のイラストが印象的な表紙です。あえて横向きにすることで、まるでタイトルの「死」をイメージしやすくなるでしょう。少女の涙の理由や「死」を求める心を知りたいと、購買者の心を動かすような表紙になっています。「死」という文字をあえてデザイン風にし、「君」という部分だけ色を変えることで、死をテーマにしながらも柔らかな印象も与えてくれます。

また帯には「衝撃の青春ミステリー 第1位」と明確に表示。人気の作品であることが一目で分かるのもポイントです。その小説を知らない方でも、一度手に取ってしまう工夫がされています。さらに帯には印象的な文言も太字でフォント数も大きく描きながら、あえて黒色で記載。購買意欲をそそるような文言があることで、どんな内容なんだろう?と思わせ、知りたい欲求をくすぐります。

夜に駆ける YOASOBI小説集

bookwallのデザイン例
引用元:bookwall公式サイト
<http://bookwall.jp/works>

【デザイン会社:bookwall】

男女二人のユニットYOASOBIの楽曲「夜に駆ける」などの恋愛ソングの原作小説を集めた本です。表紙には「夜に駆ける」のパッケージと同じものを採用しており、一瞬で「夜に駆ける」を知っている人なら誰でも分かるようなデザインになっています。文字のフォントなども、ほぼ同じものを活用。黒い背景に赤色の「YOASOBI 小説集」と描くことで、音楽のイメージを持った小説とスグにわかります。YOASOBIの楽曲が好きな方をメインターゲットに絞っており、楽曲にどのような背景があるのか知ることができる一冊になっています。

またYOASOBIのボーカルであるikuraさんによる「原作朗読動画つき」という特集を前面に打ち出し、小説だけでなく特別感のある演出がされています。さらにYOASOBI二人の写真も載せることで二人の顔を知っている人にも小説をアピール。「2億回突破」というフレーズなども、消費者の興味を惹くインパクトのあるデザインです。

余命3000文字

bookwallのデザイン例
引用元:bookwall公式サイト
<http://bookwall.jp/works>

【デザイン会社:bookwall】

灰色のがれきを背景に、制服を着た少女が本を読んでいるシーンを描いた表紙が印象的な一冊。少女が座っている椅子や机などの雰囲気から学校のような印象も与える、なんだか違和感すら覚えるデザインになっています。その違和感は、この本の内容そのもの。「余命」というフレーズから悲しい物語と思いがちですが、隙間時間に読める作品を集めたもので悲しい物語ばかりではなく、笑いやどんでん返しなど様々な物語が楽しめます。そのため、あえて違和感を持たせた表紙を描き、喜怒哀楽が楽しめることを伝えているのかもしれません。

さらに「5分」「あっ」「わっ」というフレーズが目立つように赤い文字で書いてあり、短編集ということが伝わる工夫もされています。長い小説は読んだことがない、時間がない…という方にも選んでもらいやすいでしょう。

泣くな研修医

boolwallのデザイン例
引用元:bookwall公式サイト
<http://bookwall.jp/works>

【デザイン会社:bookwall】

白衣の男性が一人ポツンと佇む姿が印象的な表紙です。研修医が様々な現実に立ち向かい、打ちのめされながらも立ち続けるという本の内容をそのまま表現しています。背景は水彩画のような淡い水色で、研修医の心の中を表しているかのよう。タイトルも白で手書きのような雰囲気を演出し、色味を抑えることで他の本との差別化が図れています。

また現役医師や小説デビュー作などのフレーズが際立つように、茶色でデザインしたフレームで囲んでいるため、医療現場をリアルに描いている一冊だと消費者にアピール。「なんで こんなに 無力なんだ、俺。」というフレーズを大きく描き、無力感や脱力感なども共感できる作品というインパクトも与えています。医療系の小説が大好きなターゲットだけでなく、全ての大人に向けて購買意欲が掻き立てられるデザインです。

つかめ!理科ダマン「科学のキホン」が身につく編

bookwallのデザイン例
引用元:bookwall公式サイト
<http://bookwall.jp/works>

【デザイン会社:bookwall】

理科や科学というと難しそうというイメージがあり、どうしても敬遠するひとも多いでしょう。そんなマイナスイメージを払拭できるように、表紙はとにかく面白い・明るい印象に仕上がっています。宇宙飛行士のような衣装を着た少年が望遠鏡で様々なものを覗いているデザインになっており、この本で不思議な世界を紐解くことができそうだと消費者に印象付けています。また明るい色遣いは、子供の興味も引くことも。子供自らが手に取りたくなるデザインになっています。

帯には韓国で80万部売れている実績などを描き、多くの方に選ばれていることがスグにわかるようになっているのも良いところです。親子で楽しみながら、学べる本だと認識してもらうことで教育にも力を入れている方の購入も促しています。

中学生にもわかる会社の創り方・拡げ方・売り方

株式会社デジカルのデザイン例
引用元:株式会社デジカル公式サイト
<https://www.digical.co.jp/isshki/>

【デザイン会社:株式会社デジカル】

インパクトのある黄色をメインカラーにし、ひと際目立つようなカラーリングになっています。またカワイイ教師や生徒のイラストを描き、学校の授業を思い出させるようなデザインも魅力的。独立・開業という難しいテーマにも関わらず、表紙だけで分かりやすさや楽しさが伝わってきます。「中学生にも分かる!」と明言することのよって、大人なら理解できる内容ということが明確に分かるはず。創り方・拡げ方・売り方という3テーマに分かれているイメージも与えるため、読みやすさもさりげなくアピールしています。

また有名な堀江貴文氏が推薦と大きく描き、写真も載せています。堀江氏がオススメする本なら読んでみたいと思う消費者も多く、独立開業に興味がある方だけでなく、そういった方にも本を売り込めるでしょう。

最後のクジラの民

アップライン株式会社のデザイン例
引用元:アップライン株式会社公式サイト
<https://www.up-line.co.jp/works/4540.html>

【デザイン会社:アップライン株式会社】

「最後のクジラの民」というタイトルだけで、興味がわく人も多いはず。だからこそ本全体にタイトルをダイナミックに記載し、より消費者にインパクトを与える仕上がりになっています。ニューヨークタイムズ紙ベスト100冊に選出されたことも、しっかりと明記されており、ノンフィクションだからこそのリアリティーさも感じられる一冊です。リアル感を伝えるために、表紙には伝統捕鯨の瞬間を切り抜いた写真を採用。海の青さ、空の青さも美しく、タイトルの白い文字が目立つように配色されているのも特徴的です。あえて青と白、黒以外の色を使わないシンプルにすることで、本そのものの魅力が伝わってきます。その背景に使われている写真一枚からも伝統を守る大切さと、現代の文化の変化にどう対処し受け入れていくのか、などを現代に生きる全ての人々に考えさせられるデザインです。

プライバシー権の復権

アップライン株式会社のデザイン例
引用元:アップライン株式会社公式サイト
<https://www.up-line.co.jp/works/g_business/2155.html>

【デザイン会社:アップライン株式会社】

インターネットが広がる現代社会において、プライバシーとは何なのかを考えさせられる一冊です。黒色を背景にし、赤色の流線を描いたデザインに仕上げています。漆黒の背景で現代社会やネット社会の闇をイメージし、赤色の流線で自由や尊厳などのイメージが伝わってきます。そして黄色の光をプラスすることで、力強さや芯の部分を表現した構成が光っています。

あえてシックなデザインでありながら、どこか印象的なデザインは消費者に深いインパクトを残すはず。タイトルなどもシンプルなフォントを採用し、デザインの魅力だけがストレートに伝わってきます。

帯には「プライバシー権の羅針盤」と表記し、プライバシーに悩んでいる方やプライバシーとは何なのかを考えている人に響くパッケージと言え、何らかの答えが見つかりそうな雰囲気も与えてくれるデザインです。

レゾンデートルの祈り

bookwallのデザイン例
引用元:bookwall公式サイト
<http://bookwall.jp/works/page/2>

【デザイン会社:bookwall】

青色の印象が深く残るデザインです。まずは帯のフレーズが心に刺さります。生きる意味とは何なのか…なぜ人は生きるのかをストレートに消費者の心に問いかけてきます。今、何かの悩みを抱えている方にとっては、とてもダイレクトに何かを感じるはずです。また海の中を漂うかのような人物が描かれたデザインは、まるで死と向き合っているかのような印象を消費者に伝えているもの。だからこそ青色をメインカラーにし、涙や悲しみ、尊さなど様々な感情を表現する意図が感じられます。

またタイトルの「祈り」の部分だけをフォント数を大きく表記してあるため、祈りという言葉を消費者に届けたいという想いも伝えています。誰かのために、自分のために祈りたいとすら感じさせられるデザインです。

ロケットガールの誕生

株式会社LINICA / LINICA,inc.のデザイン
引用元:株式会社LINICA / LINICA,inc.公式サイト
<https://linica.jp/works/rocket-girls/>

【デザイン会社:株式会社LINICA / LINICA,inc.】

2018年7月に発売された「ロケットガールの誕生」のデザイン例です。ロケットガールの誕生は、アメリカで話題になったナタリア・ホルト著「Rocket Girl」の邦訳版。宇宙開発の黎明期にジェット推進研究所において、ロケットの推力や探査機の軌道を計算し、支えてきた女性たちの物語。装丁は日本独自のデザインに手掛けられており、シンプルでありながらもインパクトのある仕上がりとなっているので、気になる消費者も多いことでしょう。

コンピューターとして宇宙開発をサポートしていただけでなく、逆境を乗り越えて自分の道を開拓していった女性たちの物語であり、悩みを抱えている方や多くの女性の購買意欲を掻き立てるデザインとなっています。

ハッピー! ハッピー♪ 13巻

デザイン会社パルパレットのデザイン
引用元:デザイン会社パルパレット公式サイト
<http://ppd.sakura.ne.jp/works/ad/2019-01-17-4.html>

【デザイン会社:パルパレット】

「ハッピー! ハッピー♪ 」は、パートナーである盲導犬「ティンクル」と家族に囲まれて幸せな毎日を過ごす女性のお話です。この物語の主人公である香織は、不慮の事故により視力を失ってしまいました。そんな主人公は、盲導犬に支えられて、結婚・出産・育児に向き合う毎日を過ごしています。

そんなとき、主人公の次男である光晴が保育園の友達から「赤ちゃん」とからかわれてご機嫌ななめになり、「もうお母さんと手つながない!」と癇癪を起します。

ハッピー! ハッピー♪ は、主人公の女性を取り巻く人々の思いやりと支え合いに感動を覚える、盲導犬のストーリーです。パッケージには、主人公を支える盲導犬のイラストが大きく描かれており、ピンクをメインとしたやわらかなイメージに仕上がっています。障がいを抱えながらも前向きに向き合う主人公の姿から、さまざまなことを学べるので、女性だけではなく、幅広い世代の方に売り込めることでしょう。

でんしゃだ、でんしゃ!カンカンカン

株式会社 商業デザインセンターのデザイン
引用元:株式会社 商業デザインセンター公式サイト
<https://www.cdcenter.co.jp/works/binding/soutei_denshsa.html>

【デザイン会社:株式会社 商業デザインセンター】

「でんしゃだ、でんしゃ!カンカンカン」のデザイン例。この物語は、ぞうくんとそのおとうさんが登場し、一緒に自転車でおでかけをするお話です。線路のわきを通ると、電車がやってきて、ぞうくんは、「あっ、でんしゃだ、でんしゃ!」と大喜びし、電車と競走しようとするお話です。

可愛らしいぞうの親子が自転車に乗って、黄色の電車と楽しそうに競争する姿が描かれているので、乗り物好きな子どもが喜ぶこと間違いなしでしょう。優しいタッチでカラフルに描かれているため、子ども用の絵本を探している消費者の目に留まりやすいです。

一人で読んだり、一緒に読み聞かせたりするのにも適しています。絵本のタイトルは赤い字で大きく書かれており中身もひらがなで読みやすくなっているので、文字を読む練習にもなりそうです。

マインドフルネスを始めたいあなたへ

株式会社 商業デザインセンターのデザイン2
引用元:株式会社商業デザインセンター公式サイト
<https://www.cdcenter.co.jp/works/binding/mindfulness.html>

【デザイン会社:株式会社 商業デザインセンター】

「マインドフルネスを始めたいあなたへ」は、アメリカで75万部を売り上げたベストセラーを日本語訳された書籍です。マインドフルネスとは、今この瞬間を大切にする生き方のことであり、実生活に取り入れることで、ストレスを軽減できたり集中力を強化できたりするなどのメリットを得られることから注目を浴びている瞑想法です。

こちらの書籍では、マインドフルネスの瞑想の本質と応用の仕方について紹介されています。一人でも実践できるよう、根拠や背景、正式な瞑想法など基本的な要素、さまざまな応用法などを解説している書籍。日常の中でマインドフルネスを取り込むエクササイズについても説明されているのが特徴です。

パッケージは、自分自身を見つめるとき、思い描く情景や得られる感情を表現するため、爽やかな印象のデザインにされています。グリーンをメインにしたパッケージに白い文字でタイトルが大きく書かれているので、瞑想や心理学に興味のある消費者の目に留まりやすいでしょう。

教室で楽しむ群読12ヶ月【低・中・高学年編】

株式会社 商業デザインセンターのデザイン3
引用元:株式会社 商業デザインセンター公式サイト
<https://www.cdcenter.co.jp/works/binding/gundoku12.html>

【デザイン会社:株式会社 商業デザインセンター】

「教室で楽しむ群読12ヶ月【低・中・高学年編】」は、小学校の低・中・高学年向けに編集された脚本集。小学生に向けて、それぞれの四季にあった群読について記されています。

群読とは、2人以上で行う声の表現のことであり、複数で声を合わせて読むと、1人での朗読とは違った表現効果を得られると言われています。作品について理解を深めたり、その世界観を表現したりすることができるのです。

この書籍のデザインは、展開例についても提案されたのだそうです。それぞれの学年向けのイラストが掲載されており、タイトルや書籍の説明がわかりやすく書かれているので、何について書かれた書籍なのか一目でわかるようになっているのが特徴です。

日本国紀

 bookwallのデザイン例
引用元:bookwall公式サイト
<http://bookwall.jp/works/?s=日本国紀>

【デザイン会社:bookwall】

百田尚樹氏の著書である「日本国紀」のデザイン事例です。『日本国紀』という重厚な内容に適したパッケージデザインにするために、純真無垢な特別感のある白色をメインカラーにしています。またタイトルを目立たせるよう黒色で凜とした格調の高いフォントで描き、筆の流れや強調など微調整を加えることで堂々とした印象を与えるデザインになっているでしょう。また帯にはファーストヴィンテージを使用しており、メインの白色を引き立てています。帯にも黒箔を用いており、まるで漆を塗ったかのような艶もあり、高い品質のある一冊に魅せているでしょう。

本は触れ心地も大切です。そのため質感のあるハンマートーンGAを採用。打ち付け模様の凹凸が、本を手に取ったときの力強さを感じられるでしょう。カバーを外した時も重厚さを失わないために、本体にもクロコGAを用いるなど細部までこだわっています。

マイストーリー 私の物語

bookwallのデザイン例
引用元:bookwall公式サイト
<http://bookwall.jp/works/?s=マイストーリー>

【デザイン会社:bookwall】

林真理子氏の著書のパッケージデザイン事例です。林真理子氏の読者は女性が多く、本を手に取るターゲットは女性と言えるでしょう。本の内容としては男性が主人公であるものの、話の中心には女性が存在していることから表紙には女性のデザインを描いています。あえて顔を隠すデザインにすることで、読者自身に想像力を引き立たせることにつながるでしょう。さらに表紙からはみ出すような一人の女性だけにし、より印象的なインパクトを読者に与えています。タイトルの赤色は、背景にあるブラウスの白さに際立つ色を選択。林真理子氏の著書ということが、すぐに伝わるように右上部に白色で書いてあるのも特徴的です。また林真理子氏が自ら帯を書くことで、力を入れた本というイメージもあり、また『衝撃作』と書くことで林真理子氏の読者以外の幅広い方々の購買意欲も高めることができるでしょう。

みんなの少年探偵団

bookwallのデザイン例
引用元:bookwall公式サイト
<http://bookwall.jp/works/?s=みんなの少年探偵団>

【デザイン会社:bookwall】

複数の人気作家が描く江戸川乱歩のオマージュ・アンソロジーのパッケージデザインの事例です。とにかく作家が豪華なため、派手で目立つデザインに仕上げるために、通常のカバーとダブルカバーのような帯を採用。通常のカバーは児童書で販売されていた原型を重視し、どこか懐かしさや怪しさを感じられるデザインに。一方、帯の部分は本ごとによって漆黒な赤・赤のカラーを分けており、基本的なデザインは統一することで同じシリーズと一目で判断できるようになっています。またページの一部を切り取ったかのようなデザインも特徴的。どんな内容が書かれているのか、より想像力を引き立たせることでしょう。作家名を全面に押し出したデザインも独特です。豪華な作家が書いたことをアピールできるだけでなく、シリーズが書店で並ぶことでインパクトも与えるでしょう。

みんなの怪盗ルパン

bookwallのデザイン例
引用元:bookwall公式サイト
<http://bookwall.jp/works/?s=みんなの怪盗ルパン>

【デザイン会社:bookwall】

世界的にも有名な怪盗ルパンをオマージュした小説のパッケージデザインの事例です。『みんなの少年探偵団2』と『みんなの怪盗ルパン』が対になるようにデザインされており、通常のカバーやダブルカバーのような帯も『みんなの少年探偵団2』同様にデザインされています。そのため、すぐに同じシリーズなのだと判断しやすいでしょう。『みんなの怪盗ルパン』はブルーを背景にしており、上に向かうほど黒くなるグラデーションがかかっています。また本を焦がしたかのようなデザインで、白い部分には本の内容が書かれたページをデザイン。また数個の宝石を散りばめている絵柄も怪盗ルパンらしさが表現されているでしょう。有名な作家陣による作品なので、作家名も大きく表記し、作家のファンに対してもアピールしやすいデザインになっています。

少女を殺す100の方法

bookwallのデザイン例
引用元:bookwall公式サイト
<http://bookwall.jp/works/?s=少女を殺す100の方法>

【デザイン会社:bookwall】

白井智之氏の著書である短編小説のパッケージデザインの事例です。タイトル自体にインパクトがあり、そのため読み手を選びそうな作品だと思われてしまう可能性が高いでしょう。タイトルだけでグロい・怖いなどマイナスなイメージを抱く人も多いため、あえてタイトルは小さめに表記し、少しでもマイナスなイメージを抱きにくいようデザイン。帯に「14歳は可愛い。」という文言をタイトルよりも大きく記載し、赤字で「殺したいほど」と書くことで、どのような本なのだろうと、多くの方に手に取ってもらえるデザインになっています。また帯には少女がバラの花束を持ったデザインにし、帯を取るとバラが散り、まるで血の飛沫のようなイメージを採用。本全体を白で統一しているため、少女の純粋さや透明さなどを演出でき、シンプルの中にある怖さを実感できるでしょう。

ジャック・オー・ランド ユーリと魔物の笛

bookwallのデザイン例
引用元:bookwall公式サイト
<http://bookwall.jp/works/?s=ジャック・オー・ランド>

【デザイン会社:bookwall】

山崎貴氏の著書のパッケージデザインの事例です。絵本のような、洋書のような雰囲気を感じさせるデザインになっており、全体を革装のイメージで重厚感のある一冊になっています。子供の目を引く可愛いイラストが描かれており、賑やかさや華やかさを追求。タイトル周りにイラストが円に沿ったデザインになっているのもオリジナリティが感じられるでしょう。金色の文字で書かれたタイトルは個性的な文字のデザインになっており、本の内容である楽しさ・ワクワク感を表しています。手に馴染むような感触もあり、小さなお子様だけでなく、大人の方も手に取りやすいデザインになっているでしょう。帯は目立つ紫色を採用し、上品さも演出しています。

淳子のてっぺん

bookwallのデザイン例
引用元:bookwall公式サイト
<http://bookwall.jp/works/?s=淳子のてっぺん>

【デザイン会社:bookwall】

唯川恵氏の著書のパッケージデザイン事例です。女性として世界で初めてエベレスト登頂に成功したとされる田部井淳子氏をモデルにした作品で、女性の背中を押してくれる一冊と言えるでしょう。そのため表紙は内容がスグに把握できるようエベレストの写真を採用。シンプルに写真を使うことによって、ただひたむきに山に向かった女性の強さや、山の魅力が感じられます。帯には「エベレスト?女なんかに登れるもんか」と大きく書かれてあり、女性の心を揺さぶる言葉をあえてチョイス。女性の中に眠るプライドを揺さぶることで、今男性社会で生きる女性たちに共感してもらうことで、つい読みたいと思わせることができるでしょう。また作家のアピールポイントである「直木賞作家」という謳い文句もしっかりと記載しており、小説愛好家の幅広い方々に対し、購買意欲を刺激するデザインです。

本を守ろうとする猫の話

本を守ろうとする猫の話のデザイン例
引用元:株式会社ブックウォール公式サイト
<http://bookwall.jp/features/column/3732>

【デザイン会社:株式会社ブックウォール】

夏川草介氏著書の「本を守ろうとする猫の話」のパッケージデザイン事例です。青とオレンジのカラーが印象的な一冊になっており、猫と男性が向き合うデザインになっています。この本は台湾版も出版されていますが、基本的には同じデザインのパッケージに。猫と男性にスポットライトが灯り、沢山の本に囲まれたような背景になっています。「お前は、ただの物知りになりたいのか?」という印象的なフレーズを描いた帯を採用。著者の過去作品である「神様のカルテ」「銀河鉄道の夜」を記すことで、有名な著者が書いた本ということが一目でわかるでしょう。この著者のファンも手に取りやすくなり、またこの本を読んだ方が気に入れば、同じ著者の本も購入したくなる心理も働きます。あえて帯は白を使っており、青・オレンジにも映えるような帯になっているのも魅力的。

比ぶ者なき

比ぶ者なきのデザイン例
引用元:株式会社ブックウォール公式サイト
<http://bookwall.jp/features/column/2225>

【デザイン会社:株式会社ブックウォール】

馳星周氏が著書の比ぶ者なきのデザイン事例です。黒色をメインカラーにすることで、重厚感のある本の印象を与え、本の中心だけ光が差し込んでいるようなデザインになっています。タイトルを筆で描いたようなデザインにすることで、本の内容にピッタリな力強さも演出できています。黒に映えるよう、タイトルは白色なのでインパクト大。2種類の帯があり、本との統一感がでる黒色の帯にはゴールドで「日本には神をも支配した男がいた」という気になるフレーズを記載することで、購買者が読んでみたくなるという心理に働きかけています。もう一つの帯は赤色を採用し、黒と赤の相対性が印象的なデザインに。「大絶賛」というフレーズを黄色で大きく記すことで、非常に面白い一冊なのかな…という印象を与え、多くの方の目に触れやすくなるでしょう。

貘の耳たぶ

貘の耳たぶのデザイン例
引用元:株式会社ブックウォール公式サイト
<http://bookwall.jp/works/?s=獏の耳たぶ>

【デザイン会社:株式会社ブックウォール】

芹沢央の著書である貘の耳たぶのカバーデザイン事例です。全体は白色で配色しており、金色のタイトルが印象的なデザインになっています。また鋭利な刃物で切りつけたような絵柄も描いており、切なすぎる事件の内容にピッタリなイメージデザインに。カバーも同じように刃物で切り付けたデザインになっているため、表紙を外した時も本のイメージを残すことができるでしょう。帯には本と統一した印象が与えられるように白色を用いており、細い赤い糸や本のあらすじを赤色で書くことで、つい帯に目が留まります。ミステリーファンやサスペンスファンの心を掴むフレーズは、購入者数アップにつながるはず。「あの子は、私の子だ。」という、たった一言のフレーズだけで心を掴むこと間違いなし。またもう一つの表紙もあり、その表紙には女性が二人描かれ、より本の内容をダイレクトに伝えるものになっています。

ラジオ・ガガガ

ラジオ・ガガガのデザイン例
引用元:株式会社ブックウォール公式サイト
<http://bookwall.jp/works/?s=ラジオ・ガガガ>

【デザイン会社:株式会社ブックウォール】

原田ひ香氏の著書であるラジオ・ガガガのデザイン事例です。非常にインパクトのあるタイトルなので、タイトルだけでは本の内容をイメージすることは難しいでしょう。そのため表紙のデザインだけで内容が伝わるよう、今にもラジオが聞こえてきそうなイラストをデザイン。ラジオに耳を傾ける人々の姿に哀感を込めた本なので、カワイイ女性がラジオを夜に聞いている絵柄は、本の内容そのものです。装丁全体を素朴感があり、レトロ感を出すためにクラフト系の用紙でまとめているのも特徴的。本に触れた感じも優しく、どこか懐かしいような雰囲気が伝わってきます。帯には明るい印象を与える青色を使用しており、どこかポップな印象になっています。ヘッドフォンなどの絵柄を描くことで、幅広い年齢の方々も読みたくなる工夫が満載。これまでに本に興味のなかった方でも、つい手にしたくなるデザインです。

高校の公共が1冊でしっかりわかる本

高校の公共が1冊でしっかりわかる本のデザイン例
引用元:株式会社デジカル公式サイト
<https://lp.digical.co.jp/isshiki/>

【デザイン会社:株式会社デジカル】

河合塾講師である吉見直倫氏の著書である「高校の公共が1冊でしっかりわかる本」のデザイン事例です。新科目である公共の分野に苦手意識を持っている方も多いでしょう。少しでも分かりやすく描いている本ということがわかるように、本の魅力を表紙にしっかりと記しています。また天秤や投票箱などのデザインも描き、どのような内容なのかもパッと本を手にするだけで伝わります。参考書という硬いイメージを払拭するために白をベースにしつつ、紫色や黄色など明るい色を取り入れているのが特徴的。また「共通テスト対策」というキーワードを黄色の背景に赤字で記してあるので、高校生が気になるポイントも目立つようにデザインされているでしょう。タイトルにある「高校の公共」だけ黄色の線を引くことで、まるで自分のノートかのような身近な存在という演出も魅力的です。

三円小説2 10秒後に喜怒哀楽

三円小説2 10秒後に喜怒哀楽のデザイン例
引用元:株式会社デジカル公式サイト
<https://lp.digical.co.jp/isshiki/>

【デザイン会社:株式会社デジカル】

原田たけし氏の著書である「三円小説2」のデザイン事例です。「1話三円の超短編エンタメ小説が300話も収録なんてコスパ良すぎて猫あやしむ。」というフレーズを表紙に小さく記しています。このフレーズを読むだけで、長い文章が苦手な方でも読みやすい作品ということが伝わります。また3円という意味もハッキリ消費者に伝えるだけでなく、最後の「猫あやしむ」という謎のフレーズで何だろう…?という興味を引き立ててくれます。どこかの喫茶店のような建物の中で読書をしている少女が描かれており、その奥には木々と猫の影がデザインされています。謎フレーズと表紙のデザインもマッチし、猫というキーワードを読者に印象付けられるできるでしょう。どこか静かであり、柔らかな印象を与えつつ、タイトルのフォントなどで他の本と一線を画しています。

終末期の意思決定

株式会社 金木犀舎のデザイン例
引用元:株式会社 金木犀舎公式サイト
<https://kinmokuseibooks.com/ed_dn_case/shoseki-case/shuumatusuki/>

【デザイン会社:株式会社 金木犀舎】

冲永隆子氏が著者の一冊で、カバーの装画は著者から提供された冲永惠美子氏の『闇に咲く光(いのち)の花』2019をそのまま使用しています。深い色使いが特徴的で、派手な色を一切使っていません。本のタイトルである「終末期」という文言にピッタリと言えるでしょう。しかし表紙だけを見ると暗い印象を与えてしまうため、他の部分は淡いトーンで揃え女性らしさを表現しています。そのため本全体でみると、落ち着いた一冊に仕上がっているでしょう。

帯には「万が一の時、どんな医療・ケアを受けるか!」という、今の時代だからこその不安に直接問いかけているのも購買意欲を高めるポイント。コロナ禍の不安や恐れなど混沌とした心の闇にそっと寄り添ってくれると感じさせるでしょう。帯はベージュ系にしているため、深い装画のデザインとの相性も良いです。

生成の美と論理

株式会社 金木犀舎のデザイン例
引用元:株式会社 金木犀舎公式サイト
<https://kinmokuseibooks.com/ed_dn_case/shoseki-case/seiseinobi/>

【デザイン会社:株式会社 金木犀舎】

有村直輝氏の著書であるデザイン事例です。カバーの装画はパウル・クレー氏の「赤のフーガ」を採用しています。リズムのあるオレンジ・ピンクのグラデーションを幾何学的に重ね合わせ、時間軸を表現しており、音楽的な概念を取り入れたポリフォニー絵画とも言われている作品。論理学と美学という本の観点にもピッタリな絵画だと考えて、カバーデザインに採用したようです。カバーデザインには黒やモスグリーン系などを取り入れているため、落ち着いた色調に仕上がっているため重厚感さえ感じさせるデザインになっているでしょう。そのため帯には蛍光色、本扉にはチェリー色を採用し、パッと華やかな色合いを導入。タイトルから難しい内容っぽいと思われてしまいがちですが、明るい色を取り入れることで手に取りやすい雰囲気を演出しています。

美学の数理

株式会社 金木犀舎公式サイトのデザイン例
引用元:株式会社 金木犀舎公式サイト公式サイト
<https://kinmokuseibooks.com/ed_dn_case/shoseki-case/bigakunosuuri/>

【デザイン会社:株式会社 金木犀舎公式サイト】

落合仁司氏の著書のデザイン事例です。カバーに使われている装画は、著者の希望であるマチス氏の「生きる喜び」を採用しています。この絵画はエロティックな雰囲気をモチーフにしており、多彩な色づかいが美しいため、この本に適したイメージでしょう。ただエロさだけでなく、色っぽさや艶っぽさなど見る人にとって様々な感情をもたらしてくれます。あえて裏側にも絵を引き延ばしているため、より印象的な雰囲気になっているでしょう。マチスの絵画を引き立てるために、他の部分の色調は抑え気味にしており、黒色で絵をL字で囲むデザインです。帯はキラ紙のスノーフィールドを指定しており、読者の興味を惹く文言を強調しています。また文字のフォントにもトコトンこだわり、硬質な印象を与えるデザインにしており、エロティックなフォントと組み合わせているのも特徴的でしょう。

少年犯罪報道と心理主義化の社会学

株式会社 金木犀舎のデザイン例
引用元:株式会社 金木犀舎公式サイト
<https://kinmokuseibooks.com/ed_dn_case/shoseki-case/shounenhanzaihoudou/>

【デザイン会社:株式会社 金木犀舎】

赤羽由起夫氏の著書をデザインした事例です。まず印象的なのは少年犯罪という重いテーマを掲げているにもかかわらず、ポップな水色を採用しているという点。幾何学模様を取り入れ、黄色や赤、黒、白の模様を取り入れ、他の本とは一線を画すデザインになっています。犯罪少年の闇を解きほぐすかのようなイメージに仕上がっているでしょう。表紙を取ったときも、幾何学模様はそのまま残しているのも特徴的です。また、しおりや見返しの色に赤を採用し、よりインパクトのある一冊に。表紙にも赤を取り入れているため、統一感のあるデザインになっているでしょう。帯は黒と白を取り入れ、引き締め役になっています。

書店に並んだ時に背の部分を見ただけでも「この本!」と分かるような独自のデザインになっているため、つい購入したくなる一冊です。

正義とケアの現代哲学

株式会社 金木犀舎のデザイン例
引用元:株式会社 金木犀舎公式サイト
<https://kinmokuseibooks.com/ed_dn_case/shoseki-case/seigitocare/>

【デザイン会社:株式会社 金木犀舎】

徳永哲也氏の著書をデザインした事例です。明るい色を使うことなく、白と黒だけでまとめたシンプルな一冊になっています。色を使わないからこそ、明るい色合いの本ばかりが本屋で並んでいるときも特段と目立つこと間違いなし。落ち着いた色合いだからこそ、カバーの用紙は個性的なものを選択しています。月面クレーターのような凹凸のあるテクスチャです。本に触れたときに重厚さを感じさせることができ、現代哲学を描いた著書としての魅力が伝わってくるでしょう。

カバーを外したときの表紙は濃いグレーを採用しており、銀色で文字を印刷しています。闇と光を表現し、本の内容にもピッタリでしょう。帯にも色を用いず、カバーと同様の白と黒だけで完成させています。そのため哲学書らしい雰囲気を読者にアピールできるでしょう。

カラーグラフ食品成分表

DESIGN+SLIMのデザイン例
引用元:DESIGN+SLIM公式サイト
<https://designslim.net/works/standard-tables-food-composition-book-design/>

【デザイン会社:DESIGN+SLIM】

この本はタイトル通り、栄養成分をカラーグラフで学べるものです。本文には800品目以上にも及ぶ多彩な食材が掲載されており、そのイメージをしっかりと伝えられるように表紙にも食材の写真を採用しています。木材の上に色鮮やかな野菜を並べており、華やかさもある一冊になっているでしょう。ポップな印象も与えてくれるので、栄養成分自体に興味がない方でも手に取りたくなってしまうデザインです。より多くの方に本をアピールできるはず。

また年度に応じてイメージカラーを変更しており、一目でどの年代の本なのかを判別可能です。たとえば2021年は緑、2022年は赤を採用。本の中心部にイメージカラーで囲んだスタイルでタイトルを載せており、どのような本なのかもスグに分かるデザインになっているでしょう。しっかりと裏面にもタイトルや野菜の写真が載っているのも特徴的です。

シマをなくしたシマウマとうさん

DESIGN+SLIMのデザイン例
引用元:DESIGN+SLIM公式サイト
<https://designslim.net/works/translation-picture-book-zolemia-book-design/>

【デザイン会社:DESIGN+SLIM】

ジョージアの作家であるソポ・キルタゼさんの原作絵本である「ZOLEMIA」の日本語版です。カバーや表紙、本文の日本語版デザイン、オリジナルデザインでカバー袖と帯をデザインした事例になります。

この本のデザインをするにあたって、一番重視しているのは原作の世界観をキープしつつ、違和感なく日本語のデザインに変更できるかどうかという点でしょう。表紙には黄色をメインカラーにし、子供に目が留まりやすい色遣いになっています。青色をアクセントにし、帯も同じ青を採用。「自分に思い悩む、すべての人に贈る絵本」という文言を添えることで、大人にもアピールする一冊になり、大人から子供まで幅広い年齢層の方々をターゲットにしています。また表紙にシマのないシマウマの絵を添えることで、どのような絵柄の絵本なのかも一目で伝わるでしょう。

ハイクラス徹底問題集

DESIGN+SLIMのデザイン例
引用元:DESIGN+SLIM公式サイト
<https://designslim.net/works/high-class-thorough-exercise-book-design/>

【デザイン会社:DESIGN+SLIM】

最高峰を目指している中学生に向けた問題集のデザイン事例です。3学年、5教科をシリーズ展開しており、トータル15冊のカバー・帯・表紙をデザインしています。シリーズということがすぐに分かるように、デザインは比較的シンプルにしており、色合いだけを赤・青・緑・橙・紫と変えているデザインです。

中学生用の問題集であっても、非常にハイレベルな内容になっているので高級感・信頼感が感じられるカバーに。カバーには金の箔押しを行い、帯にはスミ・金の2色でまとめており、双方ともにグロスPP加工を施しているのも特徴的でしょう。特定のユーザーだけに選ばれる問題集であり、書店で並べたときに表紙・背表紙のどちらともに目を惹くデザインになっています。そのため他の問題集とは一味内容が異なるとカバーデザインからも伝わってくるでしょう。

イョラン・セルシェル編 ギターのための12のイギリスの歌 ビートルズとスコットランド民謡

DESIGN+SLIMのデザイン例
引用元:DESIGN+SLIM公式サイト
<https://designslim.net/works/beatles-guitar-score-design/>

【デザイン会社:DESIGN+SLIM】

現代ギター社から出版されている楽譜の表紙デザインの事例です。この楽譜のメインの購買層を考え、ビートルズのイメージを取り入れたものを採用しています。ポップカルチャーの黄金期である60年代のブリティッシュ・ロック全盛のころにヨーロッパで張られているポスターのようなイメージに仕上がっています。

基本となるカラーは白と黒でデザインしており、少し大人びた雰囲気を演出しています。さらに強調したい部分を赤にすることで、よりインパクトのある表紙になっているでしょう。ただの楽譜としての本ではなく、飾れる楽譜として、部屋のインテリアにもなる一冊にもなり、インテリアにこだわる方にも選ばれるはず。そのため部屋に表紙を見せて飾るというのもモデルルームのようなオシャレな雰囲気になります。ギターを弾く人だけでなく、ビートルズファンなども買いたくなる楽譜と言えるでしょう。

ことばで社会をつなぐ仕事 日本語教育者のキャリア・ガイド

DESIGN+SLIMのデザイン例
引用元:DESIGN+SLIM公式サイト
<https://designslim.net/works/japanese-language-educator-career-guide-book-design/>

【デザイン会社:DESIGN+SLIM】

日本語教育に関連している宿主のガイドや仕事内容を詳細に紹介している書籍の表紙と本文のフォーマットをデザインした事例です。就職活動を行う方をターゲットにしているため、親しみやすく、ポジティブな気持ちで取り組めるように赤やオレンジ、黄色で配色しています。表紙にはキャラクターが描かれており、多様な人・考え・仕事などをイメージしやすくなっているでしょう。就職への不安を払拭し、アクティブな就職活動ができるような一冊と言えます。

本文デザインもイメージに合わせて、コンテンツごとで印象が変わるようにデザインされており、それぞれの要素が瞬時に伝わるようになっています。明るい表紙だけでなく、本文に関しても細部まで読み手のことを考えた仕上がりです。

肩・ひざ・腰の痛みは動いて治す!

肩・ひざ・腰の痛みは動いて治す!
引用元:アップライン株式会社公式サイト
<https://www.up-line.co.jp/works/g_diet/2845.html>

【デザイン会社:アップライン株式会社】

多くの方が肩やひざ、腰の痛みに悩んでいるでしょう。そのため痛みを和らげるためのトレーニング法に関する書籍は数多く出版されています。だからこそ少しでも多くの方に目をとめてもらう必要があり、分かりやすさをアピールすることが大切です。

この本の表紙にはトレーニングの様子を絵柄で記載しており、文字だけでなく視覚的に方法を学べると一瞬で判断できるでしょう。赤と白をメインカラーとし、「肩・ひざ・腰」のフレーズが目立つように黄色で記しています。また『予防にも役立つカンタン運動・体幹99』という文言が目立つように丸い黄色の円の中に書いているのも、痛みのない読者にもアピールできるポイントです。痛みに悩んでいる方だけでなく、予防トレーニングをしたい方や運動不足に悩んでいる方など幅広い方々への購買意欲も高められるでしょう。

小顔リンパストレッチ―たった10秒!7日で実感!

小顔リンパストレッチ―たった10秒!7日で実感!
引用元:アップライン株式会社公式サイト
<https://www.up-line.co.jp/works/g_diet/3830.html>

【デザイン会社:アップライン株式会社】

女性なら誰もが一度は小顔になりたい、たるみが気になると思うこともあるでしょう。そんな幅広い年齢層のターゲットに対し、ダイレクトに美容について訴求している書籍です。タイトルの「小顔」を赤色で目立つようにしており、小顔になりたい方へのアピール効果が高いでしょう。

女性が目を閉じ、頬を手のひらで覆うような写真を大きく表紙に使っており、すぐに顔のトレーニングやケアの方法がまとめられた書籍だと分かるデザインになっています。また女性が手に取りやすいように華やかなピンク色を用いているのも特徴的です。本棚に並んでいるときに、ピンク色なら他の本との差別化が図れるでしょう。「たった10秒」「7日で実感!」などを目立たせるために色を変えて記載し、消費者へアピールしています。

デザイン戦略シリーズ『色彩戦略』ブックデザイン

デザイン戦略シリーズ『色彩戦略』ブックデザイン
引用元:DESIGN+SLIM公式サイト
<https://designslim.net/works/color-strategy-design/>

【デザイン会社:DESIGN+SLIM】

カバーや表紙などのブックデザインだけでなく、本文のフォーマットデザインも手掛けた事例です。企業・建築・店舗・商品などのブランディングやデザインを手掛ける方をメインターゲットにしており、どのようなカラー展開が良いのか、どのカラー選定やデザインが効果的なのか、など様々な事例をまとめた書籍になっています。そのため内容が単調になりやすく、どうしても読みにくいものになりがちです。そのためプロジェクトをカテゴリーに分け、カテゴリーによってカラーを選定しています。ページのタイトル部分にも選定色を描くことによって、どのカテゴリーを見ているかも分かりやすくなっているでしょう。事例を紹介しているページは、写真・アイテムが目立つように彩度を落とす工夫も。反対に本扉や章扉、目次、奥付な度は彩度をアップさせるなど、メリハリをしっかりと付けています。色彩についてまとめた書籍だからこそ、細かな色合いなどに配慮しているのでしょう。

イメージカラーサンプル

イメージカラーサンプル
引用元:DESIGN+SLIM公式サイト
<https://designslim.net/works/color-book-design/>

【デザイン会社:DESIGN+SLIM】

色彩学者である太田昭雄氏が長年蓄えたデータに基づいて作成された著書で、デザインやカラーコーディネートなどの参考として読まれるものです。「優雅な」「アース調」「活動的な」など多種多様な色のイメージも紹介しており、制作するイメージに合った色を探す見本としても活用されています。

そのため手元に置いて使うことを考え、カバーのタイトルは控えめにデザイン。ただタイポグラフィはカラフルな色遣いにすることで、配色の楽しさを演出しています。さらに見やすさや調べやすさなど使いやすさも重視し、実用的なレイアウトを採用。

帯は表紙の明るさを大切にするためグレーを用いて落ち着いた一冊を演出しているので、帯がついていても表紙のイメージが伝わりやすいでしょう。全体的に遊び心を感じさせるデザインに仕上がっています。

『シンプル&ミニマム 保健指導・行動変容支援ガイド』ブックデザイン

『シンプル&ミニマム 保健指導・行動変容支援ガイド』ブックデザイン
引用元:DESIGN+SLIM公式サイト
<https://designslim.net/works/lifestyle-counselor-guide-book-design/>

【デザイン会社:DESIGN+SLIM】

医師・看護師・保健師・管理栄養士など特定保健指導を担当している方々に現場で用いる書籍のカバーや表紙、本文の基本的なフォーマットをデザインした事例です。カバーと表紙には手書きの音楽のモチーフにしたデザインを描き、どこか楽しく・可愛らしいイメージの一冊に仕上がっています。保健指導・行動変容支援ガイドと言えば、どうしても難しいというイメージを抱きがちですが、楽しそうなデザインにすることでイメージを払拭。大きくイラストが描かれているため持ち運びしやすく、手元におきやすい書籍になっているでしょう。

内容は2色で印刷しており、堅苦しくない印象を与えています。PARTIには赤系、PARTIIには青系を採用し、同じシリーズということも分かりやすいデザインです。

『病院のクワバラさん』

『病院のクワバラさん』
引用元:DESIGN+SLIM公式サイト
<https://designslim.net/works/hospital-book-design/>

【デザイン会社:DESIGN+SLIM】

病院に関するトピックを話や漫画で面白おかしく紹介している書籍のカバー・帯・表紙・本文のデザインなど全てのブックデザインに携わった事例です。基本的には年配の方をターゲット層にしており、大きめのフォントやサイズ、行間など読みやすさを重視した作りになっています。

病院ということをイメージしやすいように赤と白をベースカラーにしていますが、赤でも落ち着いた赤を選定しているため全体的なまとまりも良いでしょう。また病院のマークを大きめに配置することで、即座に病院がテーマの本ということも消費者に伝わります。病院という難しいテーマの内容であっても、「へえ~、そうなんだ」と思えるようなユーモラスのあるイラストや漫画を数多く掲載しているので読み手にとっても気軽に読み進められるでしょう。

おおきいかいぶつとちいさいかいぶつシリーズ

おおきいかいぶつとちいさいかいぶつシリーズ
引用元:DESIGN+SLIM公式サイト
<https://designslim.net/works/picture-book-big-monsters-dont-cry-book-design/>

【デザイン会社:DESIGN+SLIM】

北欧の3人の作者が創作した絵本を翻訳した日本語版のパッケージデザインです。二匹のユニークな怪物が出てくる絵本になっており、本の可愛らしさや魅力が表紙からも伝わるよう作中に登場するキャラクターを大きくデザインした表紙になっています。明確に大きさの違いも伝わりやすく、どこか憎めないかいぶつということも表現できているでしょう。また原書には帯自体がありませんでしたが、日本語版では帯を採用。「ちいさいかいぶつはなんでもできるのに、ぼくはなんにもできない!」というキャッチコピーも取り入れ、おおきな怪物の気持ちをストレートに表しています。

また本文のデザインも読みやすさより、遊び心や面白さなどをヴィジュアルで分かりやすいようフォントを採用。文章ではなく、見た目を重視した子どもの目線で考え抜かれたデザインになっています。

直前 母性看護実習プレブック 第2版 看護過程の思考プロセス

直前 母性看護実習プレブック 第2版 看護過程の思考プロセス
引用元:DESIGN+SLIM公式サイト
<https://designslim.net/works/maternity-newborn-nursing-preparation-training-book-design/>

【デザイン会社:DESIGN+SLIM】

看護を学ぶ学生をメインターゲットにした書籍で、学生が実習に入る前に読みながらシミュレーションを行うなどに活用されています。実習と言えば、どうしても緊張してしまいがちです。緊張や不安を抱えた学生が少しでも気持ちを落ち着かせられるよう、書籍全体のデザインを優しいイメージで設計。カバーデザインは丸みを持たせた構成になっています。分かりやすいイラストも表紙にデザインすることで、書籍の読みやすさが伝わりやすいようになっているでしょう。医療分野ということを踏まえ、清潔感のあるホワイトカラーを多めに取り、周囲をピンクで囲むようになっています。背表紙は書店に並んだ場合、目が留まりやすい工夫も。学生が多くの情報の中から必要なものを取り出せるよう、本文も2色デザインとなり読みやすさや実用性を重視したデザインです。

資格 検定 公務員 受験案内

資格 検定 公務員 受験案内
引用元:DESIGN+SLIM公式サイト
<https://designslim.net/works/shikaku-kentei-koumuin-book-design/>

【デザイン会社:DESIGN+SLIM】

公務員を目指す方に向けた参考書です。どうしてもタイトルなどテキスト的要素が多く、他のテキストとの差別化が非常に重要になってきます。そのため視認性がアップしやすくなるよう、強弱をつけたデザインを採用。「資格検定 公務員」という文字を大きく表示し、公務員向けの参考書ということがハッキリと分かるようにデザインされています。また内容のポイントも羅列することで、どのような参考書なのかを端的に説明。

参考書は年度によって大きく内容が変わることもあり、どの年代の参考書のものなのかは選ぶ人にとっては重要なポイントです。そのため年度ごとでメインカラーを変更しており、明確に年度が違う点をアピールしています。公務員を目指す方が参考書を選びやすくするため、視覚的にも目立つ一冊となるよう細かな点まで工夫されているでしょう。

常用デザイン

常用デザイン
引用元:DESIGN+SLIM公式サイト
<https://designslim.net/works/standard-book-design/>

【デザイン会社:DESIGN+SLIM】

常用デザインはデザインの歴史や将来を考察した書籍で、デザインに興味のある方や仕事にしている方をターゲットにした一冊です。カバーデザインは帯を付けても、取り外しても構成の一部分をなるようにデザインしており、まるで帯が本の一部になっているかのような錯覚を覚えるでしょう。

さらに常用デザインシリーズとの統一性を持たせるためにフォントやパーツの一部は、そのまま採用。マットPP加工で仕上げを施しているため、手触りも良い落ち着きのある雰囲気になっています。本文のデザインは写真とのバランスを考えたデザインになっており、視覚的に内容が入りやすくなるよう考慮。巻末には用語解説・デザインの歴史をまとめたものが付いており、通常のカラー版との差別化を図るためにブラックの単色で印刷を行っています。あえてクリーム色を選択することで、より温かなイメージに仕上がっているでしょう。

NICUにおける抗菌薬の使い方 10の秘訣

 NICUにおける抗菌薬の使い方 10の秘訣
引用元:三報社印刷株式会社公式サイト
<http://www.sanposha.co.jp/etc/design.html>

【デザイン会社:三報社印刷株式会社】

「集中治療室」というイメージを大切にした表紙にしたいという希望があり、洋書のようなイメージを抱くようなデザインになっています。NICUで過ごす赤ちゃんの写真を大きくアップした表紙になっており、どことなく洋書のイメージでインパクトのある一冊です。画像が生々しくなりすぎないよう、色彩を抑えた配慮も。あえてぼかすことで、より洋書感がアップしています。「NICU」という文字を表現に使い、題字の位置を定型とは外したレイアウトに。そうすることで「NICU」で活用できる書籍だと一目で判断しやすいでしょう。「10の秘訣」という文字は文字カラーを赤色にすることで、ポイントを押さえた書籍と分かりやすく表現。NICUについて学びたい医療関係者などが職場でも使いやすいよう、あえて落ち着いた印象のあるデザインに仕上がっています。

作業療法を観る

作業療法を観る
引用元:三報社印刷株式会社公式サイト
<http://www.sanposha.co.jp/etc/design.html>

【デザイン会社:三報社印刷株式会社】

「アイコンで表す可能性」を表現した一冊で、作業療法という仕事をストレートに表現しています。作業療法で行う内容をアイコン化することで、多種多様な可能性を読者に伝えられるような表紙です。全体的には明るい黄色を採用していますが、色自体は抑え、派手になりすぎないように工夫されています。付録としてDVDも付いているので、しっかりと目立つよう赤色でDVDの絵柄を配置しアピール。「観て学ぶ」というスタイルを直接的かつシンプルに表現できているでしょう。

作業療法士を目指す方がどこでも勉強できるよう、持ち運びしやすいデザインになっているのも魅力的。あえて医学書らしくないスタイリッシュなデザインになっているので、医学書が並ぶコーナーでも目立ちやすいでしょう。つい誰もが手に取りたくなってしまうデザイン性の高い一冊になっています。

ゆっくり発達している子どもが輝く 遊びの処方箋

ゆっくり発達している子どもが輝く 遊びの処方箋
引用元:三報社印刷株式会社公式サイト
<http://www.sanposha.co.jp/etc/design.html>

【デザイン会社:三報社印刷株式会社】

「リズム園」という施設に所属している著者が、子供の発達をメインに描いた書籍です。表紙のカバーには書籍の内容を分かりやすく伝えることを重視しており、本文の中で用いたイラストを楽し気に配置しています。リズム園などで使っている音符・楽譜のモチーフを使うことで、子供が遊びながら学べることを印象付けているでしょう。白とピンクで配色されてあり、パッと明るい雰囲気の本というデザインに。音符には複数の色を用いているからこそ、全体が柔らかなイメージになっています。

発達支援に携わる多くの方々や発達で悩んでいる方々が、少しでも前向きな気持ちで学べるように制作された一冊です。どうしても硬い印象になりやすい医学書だからこそ遊び心を取り入れた明るいイメージの一冊は、医療従事者だけでなく、ほかの方々もつい手に取ってしまう表紙になっています。

アート・ライフ・社会学 -エンパワーするアートベース・リサーチ-

アート・ライフ・社会学 -エンパワーするアートベース・リサーチ-
引用元:株式会社 金木犀舎公式サイト
<https://kinmokuseibooks.com/ed_dn_case/shoseki-case/art-life-sociology/>

【デザイン会社:株式会社 金木犀舎】

カバーには様々な写真を切り取ったデザインを採用しています。今生きている方々の思い出を切り抜き、「社会学」というテーマにピッタリの表紙に仕上がっているでしょう。擬似エンボス加工によってザラザラした部分と、光沢ニス加工によって光沢が出ている部分があり、どこか懐かしさも感じられる見た目に。タイトルを白い円の中で黒文字に描き、さらにデザイン性の高い文字を用いているのも特徴的です。一目でアートや社会学というテーマ性を伝えています。

帯はピンク色を採用し、カバーとは全く異なる雰囲気になっており「アートを使う社会学」というテーマをしっかりとアピール。カバーを外した本の表紙はストライプにしており、カバーを外したときもオシャレさを演出しています。本を上から見たときにもストライプ模様が分かるようになっているのも、こだわりのポイントです。

ハッピーエイジング 美しく歳をとる

ハッピーエイジング 美しく歳をとる
引用元:株式会社 金木犀舎公式サイト
<https://kinmokuseibooks.com/ed_dn_case/shoseki-case/happy-aging/>

【デザイン会社:株式会社 金木犀舎】

「美」に悩みを抱える方が手に取りやすいよう親しみのあるデザインになった一冊です。年齢を重ねることをマイナスのイメージとして捉える方も多くいますが、しっかりとタイトルで「ハッピーエイジング」として決して悪いことではないと伝えています。本全体を可愛らしいイメージでデザインし、ハートの絵柄を掲載。「美しく歳をとる」というフレーズはピンク色で、黄色のラインを引いたデザインにし、しっかりとテーマ性を表に出しています。幸せそうな表情を浮かべたやや年配の女性の絵柄を表紙に載せ、読者にも分かりやすく本の内容を伝えているでしょう。帯やカバーを外した表紙にはピンク色を配色しており、華やかさのある印象になっています。美容医学という難しいイメージから、華やかなイメージになるようアピールした一冊です。

時空を超えたメッセージ 龍谷の至宝

時空を超えたメッセージ 龍谷の至宝
引用元:株式会社 金木犀舎公式サイト
<https://kinmokuseibooks.com/ed_dn_case/shoseki-case/ryukokunoshihou/>

【デザイン会社:株式会社 金木犀舎】

龍谷大学が所蔵している重要文化財を含む貴重な資料100点ほどをオールカラーで紹介している一冊です。龍谷大学創立380周年の記念の一環として、2019年の夏に龍谷ミュージアムで開催された「龍谷の至宝 時空を超えたメッセージ」という企画展とリンクするように制作されました。

メインビジュアルは「須弥山儀」という、からくり装置を採用しており、さまざまな資料を分かりやすく表現。見返しの用紙には宇宙・天体・時空を超えるといったキーワードから連想した新・星物語のインディゴを活用しており、全体的に幻想的なイメージを与えるデザインになっています。章ごとにカラーを変えているため、すぐに見たいページが見つけやすいでしょう。パステル系の色相関になるよう工夫が施されているので、本を横から見たときにも美しさを表現しています。

母
引用元:アルビレオ公式サイト
<http://www.albireo.co.jp/works/46>

【デザイン会社:アルビレオ】

赤い色が印象的な「母」という本は、タレントの青木さやか氏の著書です。母という題材を活かし、さらに青木さやか氏らしいユーモアも取り入れたデザインに仕上がっています。赤い色には青木さやか氏の強さもイメージでき、母という強い印象も伝わってくるでしょう。また手を差し伸べた先には女性のような存在が泣いている姿があります。ハッキリ女性ということを表しているわけではなく、動物のような存在も印象も。強さと弱さが強調され、より本の内容ともマッチしたデザインになっています。

また良く見てみると「母」というタイトルの中から手が差し延ばされているのも特徴的。母が差し伸べている手という風にも読者にアピールでき、また母に手を差し伸ばしてほしかったという印象も伝わってきます。取り手によっていろんな見方ができるのも面白い点でしょう。

ennerre

ennerre
引用元:株式会社Hikidashi公式サイト
<https://hiki-dashi.jp/work/editorial/311/>

【デザイン会社:株式会社Hikidashi】

イタリアのスポーツブランドである「ennerre」の2019SSのルックブックのデザインの事例です。表紙には流行のパターングラフィックを配置しており、バーコ印刷によって印象的な表現になっています。SSにもクールなアイテムがラインナップされているので、よりスタイリッシュなイメージを採用。シックにも関わらず、デザイン性を高めることによって特別な印象も与えてくれるでしょう。白と黒だけでシンプルにまとめ上げているのも、大人の魅力を高めていると言えます。表紙と中身が見事にマッチしています。

光沢感のある質感なので、何度も読み返しても本が汚れることもほとんどありません。常に綺麗な状態のまま保つことができるので、長きに渡って保管しやすいのも嬉しい点でしょう。デザインだけでなく、本を持つ人のことまで細部にわたって配慮されています。

焼き肉を食べる前に。絵本作家がお肉の職人を訪ねた

焼き肉を食べる前に。 絵本作家がお肉の職人を訪ねた
引用元:デザイン事務所ハイジー公式サイト
<https://www.hi-g.net/work/bookyaki/>

【デザイン会社:デザイン事務所ハイジー】

牛が読者を見つめる絵柄が印象的な表紙のデザイン事例です。非常に興味を惹くタイトルなので、そのタイトルに負けない表紙をデザイン。まるで何かを訴えかけるようなインパクト大の牛の絵柄は、他の書籍と一線を画すに違いありません。耳元には商品であることが判別できるラベルも描かれるなど細部にまで丁寧にデザインされているにも関わらず、リアルな牛ではないためタイトルとのバランスもあっているのでしょう。

1ページめくると赤いページが差し込まれており、さらにめくるとプロローグとして美味しそうな食事のイラストが目に留まります。食のことが描かれたリアルな現実を表現した一冊だからこそ、ストレートでありながら柔らかなイメージのイラストは作者である絵本作家の魅力が感じられるでしょう。決して避けられない現実をシンプルの中に詰め込んだデザインです。

人生ゲーム攻略本

人生ゲーム攻略本
引用元:デザイン事務所esorabridge公式サイト
<https://esorabridge.design/works/warakukagura_book2018>

【デザイン会社:デザイン事務所esorabridge】

インパクトの強いタイトルだからこそ、タイトルを大きく表記したデザインです。本自体はスピリチュアル性が高く、どうしてもスピリチュアルに苦手意識を持っている方は避けがちな書籍です。そのため多くの方が手に取りやすいようなデザインに仕上がるよう、透明感や清潔感を与えるように心がけています。ベースの色はホワイトを採用し、帯などにはブルーをアクセントとして用いることで、どこか優しい印象になるでしょう。

また本の背景にはクライアントである和樂神樂の商品エッセンスボトルのスケッチを並べたデザインに。色んなデザインのエッセンスボトルを並べることによって、一人一人違う人間ということが無意識に読者にアピールできるようになっています。あえてスピリチュアルを押し出すのではなく、自然と伝えられるデザインに多くの読者が惹かれてしまうでしょう。

送電鉄塔ガイドブック

送電鉄塔ガイドブック
引用元:合同会社オンデマンド公式サイト
<https://www.opd.jp/2022/02/28/ガイドブック-制作事例-送電鉄塔ガイドブック-デザイン/>

【デザイン会社:合同会社オンデマンド】

送電鉄塔に関することを様々な角度でまとめられた一冊のパッケージデザイン事例です。

送電鉄塔のダイナミックな写真が印象的で、空の青と鉄塔の赤・白のコントラストが非常に印象的。ターゲットは送電鉄塔に興味のあるマニアの方々と限定されているため、余計なものは一切表紙に載せる必要はありません。帯にも「お待たせしました」と書くことによって、どこか微笑ましさも感じられるデザインになっているでしょう。

送電鉄塔ファンは大人だけでなく、小さな子どもも多数いるので、子ども目線でも楽しめるように写真も豊富に掲載されています。珍しい鉄塔や変わった鉄塔なども沢山載せてあるので、これまでに興味のなかった方もつい見ちゃうような内容になっているでしょう。内容に自信があるからこそ、鉄塔のダイナミックさが伝わる表紙で十分なのです。

東京のちいさな美術館めぐり

東京のちいさな美術館めぐり
引用元:株式会社 ジー・ビー公式サイト
<https://book-design-lab.com/2019/04/23/bookdesign-fullpackage-a5-sample-guidebook/>

【デザイン会社:株式会社 ジー・ビー】

東京をメインに、関東近郊にある個性的な美術館106館の魅力を特集した書籍のデザイン事例です。オールカラーになっており、美術館のさまざまな魅力を分かりやすく多角的に解説しています。さらに展示ブースだけでなく、美術館のカフェやオリジナルグッズ、ミュージアムショップなどの情報も掲載しており、美術館好きにはたまらない一冊になっているでしょう。

書籍の表紙には可愛らしい写真を配置し、こんな美術館があるの?と読者に思わせるようなデザインを採用。まるで美術館を訪れているかのような感覚になるような演出になっています。これまで美術館に興味がない方でも表紙の写真に目が留まり、ついつい中をみたくなるようなデザインが特徴的です。表紙の上部のピンク色やフォントも可愛らしさをアップしているでしょう。一つのタイトルの中に色んなフォントを用いることで、遊び心も伝わってきます。

普段使いの器は5つでじゅうぶん。

普段使いの器は5つでじゅうぶん。
引用元:株式会社 ジー・ビー公式サイト
<https://book-design-lab.com/2019/05/24/bookdesign-sample-howtobook/>

【デザイン会社:株式会社 ジー・ビー】

インパクト大のタイトルが印象的で、フードスタイリストとして活躍している江口恵子氏の一冊のデザイン事例です。食器棚に器が数多く入っている方や器をどう選んだら良いのか分からない方などに向けて、スッキリと暮らすための器の選びからをレクチャーしてくれる内容になっています。そんな書籍だからこそ、ごちゃごちゃした表紙ではなくスッキリとした余白が残ることを意識したデザインを採用。タイトルの通り形が異なる器が5つ配置されたシンプルなデザインになっており、その余白によって書籍が訴えてくるコンセプトが自然と伝わりやすくなるでしょう。その代わり帯には本の内容が分かりやすく書かれており、どのような器を残したらよいのか絵で紹介しています。雑貨店のオススメの器を紹介する旨の文言も書かれているため、器選びの参考にしたい方も読みたくなるでしょう。

おとな女子のセルフ健康診断

おとな女子のセルフ健康診断
引用元:株式会社 ジー・ビー公式サイト
<https://book-design-lab.com/2019/03/26/bookdesign-fullpackage-a5-sample/>

【デザイン会社:株式会社 ジー・ビー】

身体の不調がきになるものの、つい忙しさを理由に自分の健康は後回しになりがち。そんな年代の女性をターゲットに書かれた書籍のデザイン事例です。身体に現れがちな症状や、その症状から考えられる病気などを分かりやすく紹介しています。病気は気になるけど不安…という重くなりがちなテーマのため、あえて明るい印象を与える白色をベースにしています。ユニークな絵を表紙に書くことで、内容も分かりやすいと思わせることができるはず。文字ばかりの本に抵抗がある方でも手に取りやすいデザインになっているでしょう。また帯は白に映えるように茶色を採用しており、紹介している病名を羅列。「それ、本当にただの肩こり?」という不安をストレートに表記することで、どこか感じている不調の要因が分かるのではないかと思わせてくれます。泣いている顔の女性が、まるで読者自身のように思えるのも購買意欲を高める要素のひとつでしょう。

東京 わざわざ行きたい 街の本屋さん

東京 わざわざ行きたい 街の本屋さん
引用元:株式会社 ジー・ビー公式サイト
<https://book-design-lab.com/2019/04/02/bookdesign-store-promotion-sample/>

【デザイン会社:株式会社 ジー・ビー】

東京にある個性的な街の本屋さんを特集した一冊のデザイン事例で、地元に愛されるような本屋ばかりを紹介しています。表紙は本棚をイメージし、ユニークでインパクトのあるデザインになっているでしょう。あえて色味を抑え、2色で仕上げることでシンプルさの中に輝く魅力が感じられます。また立て看板や珈琲、猫など本屋の魅力が感じられるポイントを表紙にも記載。タイトルだけでは分かりにくいポイントも表紙で読者にアピールしています。

さらにデザインだけでなく、個性を表現するために風合いのある紙を採用し、レトロさのあるあしらいに。それによって目だけでなく、手触りからも面白さが伝わってくるでしょう。つい読み進めたくなるような工夫が満載の仕上がりになっています。

フラのハワイ王国史

フラのハワイ王国史
引用元:Maruku公式サイト
<https://www.marukumaruku.jp/2020/11/09/お客様の声-装丁デザインご依頼のm様/>

【デザイン会社:Maruku】

ハワイの王国に関する研究をまとめた書籍のデザイン事例です。ハワイと言えば明るく陽気なイメージを抱きやすいですが、あえて王権にスポットを当てて書かれています。ただ王権と言えば、どうしてもテーマが重めと感じがちです。そのため白色を背景にし、大きくタイトルを表記。タイトルの周りにハワイをイメージする図柄を配置することで、重くなりすぎないようにデザインされています。また帯には明るいブルーを差し込むことで、パッとインパクトのある表紙になっているでしょう。ハワイに興味のある方だけでなく、これまでハワイの歴史に触れたことがない方でも興味を示せる表紙です。「フラの歴史は王権の歴史だった。」と帯に書くことで、どういうことなんだろう?と消費者に興味を持たせているのも特徴的。紙の質感など細部にもこだわりを感じられます。

Swift PlaygroundではじめるiPhoneアプリ開発入門

Swift PlaygroundではじめるiPhoneアプリ開発入門
引用元:米本デザイン公式サイト
<https://bluetraff.com/swiftplayground/>

【デザイン会社:米本デザイン】

iPhoneやiPadでアプリを作るためのSwiftは、Swift Playgroundsという小さな子供でもプログラミング学習がしやすく、本格的にiPhoneやiPadでアプリを作成ことが出来ることを解説した書籍のデザイン事例です。子どもから学生をメインターゲットにした一冊であっても、子どもっぽくなりすぎないように考えられたデザイン。しかし難しいイメージを持たれないようSwiftのアイコンをイメージしたツバメを描いています。グラデーションも活用し、子ども過ぎず大人過ぎない丁度いいバランスになっているでしょう。帯は鮮やかな青色にし、本の表紙のカラーとの相性もバッチリ。「Mac」「iPad」の重要なワードは色を変えて目立つように配置し、帯にもツバメを描くことで書店に並んだ時のことも考え抜かれています。

恋愛下手でも結婚上手になれる本 ブレない婚活

金木犀舎のデザイン例
引用元:金木犀舎公式サイト
<https://kinmokuseibooks.com/ed_dn_case/shoseki-case/kekkonjouzu/>

【デザイン会社:株式会社 金木犀舎】

婚活がうまくいかず、「私は何のために結婚したいんだろう」「結婚って何なんだろう」と迷走してしまいがちなオトナ女子に、結婚の本質を指し示す一冊。

ターゲット層となるオトナ女子の目を引くよう、「幸せ」をイメージした愛らしいピンクトーンに、ふわふわした模様やキラキラした光、レース、ダイヤモンドが描かれています。また、「結婚上手」という言葉にフォーカスをあてるようなデザインや、本のコンセプトである「ブレない婚活」を大きく打ち出した帯で、「結婚したい、でもできない」と悩む女性が思わず手に取ってしまう装丁に仕上がりました。

また、帯の裏には本の章が記載されており、「結婚の本質を知ろう」「あなたの人生の最高責任者はだれですか?」という言葉は、婚活にブレる女性にとって「自分のための本」という印象を与え、購入を後押しする決め手となるでしょう。

南台湾 旅事情故事

株式会社 ジー・ビーのデザイン例
引用元:株式会社 ジー・ビー公式サイト
<https://book-design-lab.com/2019/04/19/editorial-design-all-guidebook/>

【デザイン会社:株式会社 ジー・ビー】

台湾旅行に行きたい人をターゲットに、200軒以上の観光地や飲食店を掲載した台湾南部の本格ガイドブック。装丁は出版社との打ち合わせの結果、台湾南部のレトロでノスタルジックな雰囲気を生かした華やかなデザインに仕上がりました。

華やかで楽しそうなデザインは、初めて台湾旅行に行く人に現地で待っている楽しさを期待させます。旅行したことのある人にとっても楽しかった旅の記憶がよみがえり、「また行ってみたい」と思わず手に取ってしまいたくなるでしょう。また、帯に書かれた「何度でも行きたい!南台湾 食・楽めぐり」という言葉や台湾南部の写真で、台湾南部の観光地やカフェなどを紹介する本であることをアピールしています。

台湾南部の観光地やおいしいものをあますことなく楽しみたいというニーズに刺さる装丁です。

Rhino × Grasshopper All in 1 パーフェクトリファレンス Rhino7対応

米本デザインのデザイン例
引用元:米本デザイン公式サイト
<https://bluetraff.com/rhino-grasshopper/>

【デザイン会社:米本デザイン】

3DモデリングソフトウェアRhinocerosとモデリング支援ツールプラグインのGrasshopperを1冊にまとめたリファレンスブック。

一見するとソフトウェアの本とは思えないサイとバッタのイラストが描かれている理由は、RhinocerosとGrasshopperを日本語に訳すとサイとバッタを意味するため。一筆書きのようなイラストとサイの上に乗るバッタのデザインが、1冊でRhinocerosとGrasshopperをカバーできる本のコンセプトを表現しているような印象を受けます。

装丁に使われている色は黒とオレンジの2色で、本の強みであるAll in 1 パーフェクトリファレンスをオレンジで強調。RhinocerosとGrasshopperのどちらかを学びたい層ではなく、どちらも効率よく1冊で学びたい層をターゲットにしていることが伺える装丁デザインです。

学校と子ども、保護者をめぐる 多文化・多様性理解ハンドブック

株式会社 金木犀舎のデザイン例
引用元:株式会社 金木犀舎公式サイト
<https://kinmokuseibooks.com/ed_dn_case/shoseki-case/tabunka-tayousei/>

【デザイン会社:株式会社 金木犀舎】

単一民族国家と称されてきた日本ですが、国際化が進んだ現代では移住してくる外国人も多く、外国人がより身近な存在になりつつあります。それは学校現場でも同じで、外国につながる子どもが転入学してくることは珍しくありません。

日本とは違う文化や価値観を持った外国の子どもとどう付き合っていけばいいのか、多文化・多様性の理解に向けた基本的な知識と情報を提供する1冊となっています。本のコンセプトに合わせ、表紙はさまざまな国の子供たちが地球の上で仲良くしている愛らしいイラストをメインにしたデザインに。また、学校現場で導入してもらいやすいように、あえて教科書っぽい印象に仕上げています。

背景のシマ模様は、清潔感があって可愛くなり過ぎない青と緑を選択。黄色のシマ模様と悩んだそうですが、黄色だと幼稚な印象を与える可能性もあったため、青と緑のデザインに落ち着いたそうです。

大学生のための 知性を磨く哲学と論理40問

株式会社 金木犀舎のデザイン例
引用元:株式会社 金木犀舎公式サイト
<https://kinmokuseibooks.com/ed_dn_case/shoseki-case/tetsugakutoronri/>

【デザイン会社:株式会社 金木犀舎】

タイトルからも分かるように、大学生をターゲット層とした本の装丁デザインです。

帯に書かれた「「食べたい、でも太るから食べたくない」これは矛盾か」「飛行機は自動車より危険なのか、人食いザメは怖いのか」「あきらめなければ「夢」はかなうのか」というキャッチーなお題が興味をそそります。大学生をターゲット層としていますが、大人でもこのお題に対してどんな回答が載っているのか、思わず手に取りたくなるデザインになっています。

哲学や倫理学は難しそうというイメージを払しょくする分かりやすい本の内容にあわせ、教科書のような堅苦しい印象にならないカラフルな水玉を採用。また、カラフルな水玉模様には、哲学や倫理学は細胞が少しずつ増殖するように着実に思考を進めていくもので、それがはまったときに楽しさで思考がカラフルになるというイメージも込められているそうです。

乳がんと里芋湿布(パスター) 写真でつづる手当て・食事・こころの記録

株式会社 金木犀舎のデザイン例
引用元:株式会社 金木犀舎公式サイト
<https://kinmokuseibooks.com/ed_dn_case/shoseki-case/satoimopaster/>

【デザイン会社:株式会社 金木犀舎】

日本女性が最もかかるがんといわれる乳がん。

乳がんと聞くとつらくて、しんどそうなイメージがありますが、この本では里芋畑の中で満面の笑顔を向ける著者の写真が使われています。優しい色をつかったほんわかとした雰囲気と、生命力の強そうな里芋の葉っぱ。そして画像では分かりにくいですが、女性の上に書かれた「がんになっても元気だよー」という文字が印象的なデザインです。

タイトルの乳がんとは結び付かないような明るい雰囲気は、乳がんで悩む患者さんに「自分もこんな風に笑えるようになれるのかな」と思わせる訴求力があります。また、手術や化学的な療法に疲れた女性に寄り添う、帯に書かれた「自分の体は、自分の中の自然の力で治していく!」という言葉も印象的です。

5つの「現場の看護の知」

株式会社 金木犀舎のデザイン例
引用元:株式会社 金木犀舎公式サイト
<https://kinmokuseibooks.com/ed_dn_case/shoseki-case/genba/>

【デザイン会社:株式会社 金木犀舎】

2018年に発売された『7つの「看護の知」』という本の2作目として刊行された本です。手書きで書き上げられた羽のイラストは1作目と同じもの。装丁デザインは1作目から引き継ぐかたちで作成されています。

本書の内容は医療の現場で日々、患者さんと真摯に向き合っている看護師の体験談をベースに作られたものです。日々の葛藤や反省や教訓といったものだけでなく、喜びについても触れています。

そんな本書の内容と表紙で使用されている羽のイラストが、現場で葛藤する看護師のあたたかさを象徴し、相性の良いデザインとなっています。使用されている色味も全体的に淡い色の組み合わせで、安定感のある用紙を使用。小ぶりで持ち運びやすさも意識された1冊になっています。

7人の看護師さんの体験談からすくいあげられた 7つの「看護の知」

株式会社 金木犀舎のデザイン例
引用元:株式会社 金木犀舎公式サイト
<https://kinmokuseibooks.com/ed_dn_case/shoseki-case/kangonoti/>

【デザイン会社:株式会社 金木犀舎】

看護経験がり大学教授を務めている著者がベテランの看護師にインタビューをして、話しのから看護の知識を集めた「看護の知」として紡がれた1冊です。本を開いた際に細かく描かれた羽が見えるのですが、これらは知識の集積を表現されたもの。また、本書で使用されている落ち着いたブルーグリーンの色味が知的な雰囲気を作り上げています。

また本に使用された帯びの文章には、本の内容が見てすぐに分かるように意識された「成功も、失敗も、みんなで共有しよう。」の文章を使用。帯裏には本の構成が分かりやすいように、事例ごとに役立つ内容が書かれています。

研究論文としてまとめられて本書であり、看護の現場という過酷さもあわせている題材だからこそ、親しみを感じられようなレイアウトに仕上げられています。

新装改訂版 凡夫力 社会へ飛び立つ君に伝えたいこと

株式会社 金木犀舎のデザイン例
引用元:株式会社 金木犀舎公式サイト
<https://kinmokuseibooks.com/ed_dn_case/shoseki-case/bonpuryoku/>

【デザイン会社:株式会社 金木犀舎】

こちらは一度刊行されたことのある本書のデザインや装画を全面的に改訂され、文章にも手を加えられた新装改訂版。本の内容は大学新入生をおもなターゲットにし、人生の指南書となる内容となっています。

表紙に描かれているのは伸びやかに空を舞っている鳳凰。青みを抑えた白を基調とすることで、空高い場所を鳳凰が飛んでいる様子を表現しています。また伸びやかに飛ぶ様子は、本書を読むことで社会人として、立派に飛び立つことができるというメッセージが込められているようです。

また、こちらの装丁デザインのユニークなポイントは、カバーには鳳凰が高い位置に描かれていますが、カバーを外すと低い位置に鳳凰がいること。これは飛び始めたばかりでまだ飛ぶことに慣れていない状態から、飛ぶことに慣れはじめた様子を描いているのだとか。本書のメッセージをまっすぐ伝えつつも、本書をしかっりと見た人にしか気付けないような遊び心溢れるデザインになっています。

Power AutomateではじめるiPaaS開発入門

CH55xでどうでしょうのデザイン例
引用元:公式サイト
<https://bluetraff.com/work_powerautomate/ >

【デザイン会社:米本デザイン】

現代において業務で使われるソフトは、パソコンにインストールしたものを使うだけにとどまりません。ウェブブラウザを通して、クラウド上にあるソフト・システムを使うケースが増えてきました。メールや表計算、ドキュメントの作成、チャットツールなど、使用するものは多岐にわたります。これらのウェブ上のサービスを自動化するツールがMicrosoftのPower Automateです。

本書ではPower Automateを使用することで、手動で行っていたことを自動で行うための入門マニュアル本となっています。

本書の表紙デザインはクラウドを雲で表し、Power Automateの矢印ロゴマークなどを配置。使用している色もPower Automateから借りて青が採用されています。また、複数のロゴマークと連携できる繋がりを表現したイラストもあり、ツールの特性を表現しつつも、全体的に統一感のあるデザインになっています。

CH55xでどうでしょう

CH55xでどうでしょうのデザイン例
引用元:公式サイト
<https://bluetraff.com/ch55x/ >

【デザイン会社:米本デザイン】

もともと電子書籍で販売されていたものに、加筆・修正しを加えて刊行にいたった本書。元本は章立てが細かくされており、装飾を施し過ぎると読みづらさを与える可能性があったため、シンプルな本文デザインを用いて読みやすさが確保されています。IT系のマニュアル本には装飾が多様されるケースもあるのですが、デザイン担当の意見を反映させて、シンプル目なデザインが採用されたようです。

本書では、レコードのブームが再燃したように、あえて80年代風デザイン大胆に取り入れたものとなっています。また幾何学模様を多用し、タイトルが目立つように、文字の下に三角や丸といった単純なオブジェクトを配置する工夫されて制作。80年代風のデザインをメインにしつつも、古臭さがでないようにどこか現代的な要素が盛り込まれた一冊になっています。

Light Mellow 和モノ Special

Light Mellow 和モノ Specialのデザイン例
引用元:公式サイト
<https://bluetraff.com/lightmellow/>

【デザイン会社:米本デザイン】

ニュースでんもブームになることが取り上げられるジャパニーズ・シティ・ポップ。そのディスコグラフィー本となる本書は、「都会の中に一本道が通る風景」のカバーイメージがを伝えられたのち、デザイン制作がスタートしたとのことです。また、ディスコグラフィー本という特性から何度も本書がめくられることを考え、本文が読みやすいように、目的のアルバムを探しやすいようにデザインされています。

ページレイアウトデザインは、涼しげでありながらも洗練されており、風が吹いているような寒色系のイメージを表現。辞書のように、サッと取り出しどのページやどの項目へもすぐにアクセスできるように考えられた一冊になっています。

また本書は装丁のデザインだけでなく、販促物のデザインなどもあわせて対応されています。

老舗企業を輝かせるリブランディングに強い業者はコチラ