ブランディング戦略におけるパッケージデザインとは? パッケージデザイン総合解説
パッケージデザイン会社の選び方 » ブランディング戦略におけるパッケージデザインコラム

ブランディング戦略におけるパッケージデザインコラム

パッケージデザインの重要性を、ブランディング(ブランド構築)という観点から掘り下げた考察や、デザインに関する知識などをご紹介していきたいと思います。

「ブランド」という言葉だけを聞くと、グッチやエルメス、ロレックスやオメガなどの高級品を思い浮かべてしまいがちですが、それは正しくありません。ブランドとは、簡単に言えば、一般消費者が、その商品に対する好感や信頼、満足度などを判断する目印の役割を果たすもの。例えばコカ・コーラの赤と白のデザイン、アップルのかじりかけのリンゴのマークなどは、お馴染みですね。

そして「パッケージデザインは、ブランド構築にも、大きな役割を果たす」と言われたら、どうお感じになりますか?「そんな大げさな」と感じてしまうかもしれません。

しかし、パッケージデザインは、価値や親しみ、好感、お買い得感といったものを感じてもらい、商品の立ち位置を決定づけるもの。パッケージデザインの良し悪しが、ブランドイメージを左右するというのは当然なのです。

「Vol.1 デザインが持つ力でブランドが構築される」を見る

その商品が売れるか売れないかを大きく左右するパッケージデザイン。例えば、店頭で「この商品、気になるなぁ…」と感じたなら、それはパッケージデザインが購買意欲をそそることに成功したということ。そして、そうしたことができるデザインには、いくつかの共通点があるのです。

「Vol.2 売れるパッケージデザインの条件とは」を見る

パッケージデザインの良さや悪さをより深く理解するためには、実際に比較してみるのがよいでしょう。同じ属性の商品が、パッケージの違いによって、顧客の支持にどのような差をもたらすのか。また性別や年齢などで違いはあるのか。興味深い調査結果が出ています。

「Vol.3 事例で学ぶ商品ブランディングの世界」を見る

上記のような知識を深めたら、パッケージデザインの制作にかかる料金についても知っておきましょう。業界団体が定める料金基準や、実際の料金事情、そして料金と各種作業の関わりといったものに関しても、予め知っておくことが重要です。

「Vol.4 料金の相場感をおさえる」を見る

そしてもうひとつ、パッケージデザインを依頼する場合、業者はどのように選ぶべきでしょうか?もちろん、行き当たりばったりで適当にというのは厳禁。依頼者に適した業者かどうかを選ぶには、いくつかのポイントがあります。

「Vol.5 依頼する会社の選び方を知る」を見る

商品のパッケージは、その陳列方法によって最適なデザインが異なります。ここでは、コンビニやスーパーで一般的なゴンドラ陳列、デパ地下で見かけるショーケース陳列など、様々な陳列方法に適したパッケージデザインについて解説します。商品のクオリティが高くても、お客さんに見てもらえなければ買ってもらえません。商品の魅力に気づいてもらい、売上をよりアップさせるためにも、パッケージに注目してみましょう。

「Vol.6 陳列方法によるパッケージの選び方」を見る

時代を超えて長く愛され続けているロングセラー商品。ユーザーを引き付ける魅力がどこにあるのか、パッケージデザインに注目してみました。ロングセラー商品のパッケージデザインの歴史やこだわりなどを紹介しながら、さまざまな企業が打ち出しているブランド戦略について見ていきます。ロングセラー商品として業界の地位を確立しながらも、進化を続けるパッケージデザインを研究することで、自社の商品のパッケージを考える際の参考になるはずです。

「Vol.7 ロングセラー商品のパッケージデザインの魅力」を見る

パッケージデザインを考えるうえで、トレンドを押さえることは重要です。担当者や企業の好みだけでデザインしたとしても、多くのユーザーの心に響くとは限りません。トレンドは多くのユーザーが興味のあるポイントのため、トレンドに合わせたデザインを考えることで多くの方から選ばれやすい商品となるでしょう。2023年度であれば自然に配慮したデザイン・アースカラーを採用・親しみやすさなどのポイントがトレンドと言われています。

「Vol.8 パッケージを考える上で押さえたいデザイントレンド【2023年】」を見る

商品パッケージの中でも特に食品に関するパッケージデザインを制作する場合は、食品表示法など適切なルールにもとづいて食品情報や見せ方を考えることが必要です。商品イメージを消費者へ効果的に届けられるようなデザイン面の戦略だけでなく、当然ながら「食品を保護する」というパッケージの役割などについてもきちんと配慮した上で、利便性や安全性、メッセージ性といった内容を考えていきましょう。

「Vol.9 食品パッケージデザインを制作するコツとは?」を見る

商品のパッケージデザインを制作する上で、守るべき法律や注意すべきルールは少なくありません。例えば食品であれば食品表示法によって、どのような情報をパッケージへ記載すべきか義務が定められていますし、あるいは景品表示法の観点から優良誤認表示や有利誤認表示に当たらない表現を考えることも大切。その他にも著作権法や商標法、不正競争防止法など様々な法律が存在しており、違反しないよう正しく理解しておきましょう。

「Vol.10 パッケージデザインの際に注意すべき法律」を見る

AIを利用した技術やシステムは日進月歩で発展しており、パッケージデザインの制作を効率化するためにAIを活用するといった取り組みも効果的です。ただしAIといっても情報分析や情報収集、マーケティング調査やトレンド調査、その他にもAIを使った素材生成など多種多様な使い方が想定されています。全てを正しく使い分けるには十分な知識やノウハウが必要です。まずはパッケージデザインへAIを活用する基礎的なポイントを解説します。

「Vol.11 パッケージデザインの制作にAIを活用」を見る

ユニバーサルデザイン(UD)とは、デザイン業界で使われる用語のひとつ。年齢や性別、国籍などを問わず、誰にとっても分かりやすく利便性を高めようとするデザインコンセプトによって作成されるデザインです。ユニバーサルデザインの原則やアイデアをパッケージデザインの作成に取り入れることで、一層にプロモーションとしてアプローチできる顧客層の幅を広げて、リブランディングや商品宣伝のメリット追求を目指せます。

「Vol.12 パッケージデザインで注目されるユニバーサルデザインとは?」を見る

広告業界において、特に食品などの宣伝において重視される演出方法や表現のテーマが「シズル感」です。シズル感は一般的に、プロモーション対象となる食品や商品に対してジューシーさやみずみずしさを表現することで、消費者に「美味しそう」という印象を効果的に抱かせられる演出やその手法を意味しています。パッケージデザインにおいても、商品の写真などにシズル感を意識した撮影スタイルを取り入れて訴求効果を高められます。

「Vol.13 パッケージデザインで重視されるシズル感とは?」を見る

商品パッケージを作成したりリニューアルしたりする際、ロゴを刷新することも少なくありません。一方、ロゴは商標として登録が可能となっており、登録商標(ロゴ商標)は知的財産権として法的に保護されます。これにより、既存のロゴに酷似したり類似したりしているロゴを使用すると、商標権の侵害に問われる恐れも。そのため、パッケージデザインの作成ではロゴの類似チェックが必要なのです。

「Vol.14 パッケージデザインで注意すべきロゴの類似チェック」を見る

自社でパッケージデザインを作成できない場合、外部のデザイナーやデザイン会社、広告代理店などにパッケージデザインの制作を外注することになるでしょう。しかし、デザインの外注ではきちんと制作依頼の手順や流れを理解しておかなければ、満足できるデザインが完成しないかも知れません。パッケージデザインの制作を専門業者などへ依頼する際の流れや、依頼において注意すべきポイントなどをまとめていますので参考にしてください。

「Vol.15 パッケージデザイン外注時の制作依頼の流れ」を見る

パッケージデザインは商品を包むだけのアイテムではなく、商品の魅力を消費者に伝えるための顔的存在です。ターゲットに合ったパッケージデザインを制作することで、売り上げアップも図れるなどの効果が期待できます。見つけやすい・分かりやすい・好感がもてるデザインを考え、素材や販売方法、使いやすさなども配慮したデザインを考えると良いでしょう。またストーリーを伝えることで、より消費者の興味を引く効果的な訴求にもつながります。

「Vol.16 パッケージデザインの考え方のコツとは?」を見る

パッケージデザインには「商品価値の創造」「コンセプトを伝える」「ブランドイメージの形成・定着」といった役割があり、商品や企業に合ったデザインを制作することが大切になってきます。目立たせればいいというわけではなく、競合他社のデザインを分析したうえでパッケージを考えなければなりません。カテゴリーや企業の「らしさ」も残しつつ、オリジナリティのあるパッケージデザイン制作を行いましょう。またターゲット層を考慮したデザインづくりも重要です。

「Vol.17 パッケージデザインの持つ役割や重要性とは」を見る

パッケージデザインを工夫して商品の魅力を演出することで、商品価値を高めたりブランディングを促進できたりと様々な効果を期待できます。パッケージデザインで期待できる効果には商品の売上アップや企業としての信頼強化、ブランディングなどです。その他にも他社の競合商品との差別化戦略などそれぞれの分野やテーマに応じたものがあるため、どのような効果を期待してデザインやプランニングをしていくのかあらかじめ決めておきましょう。

「Vol.18 パッケージデザインはどんな効果をもたらしてくれる?」を見る

パッケージデザインがもたらす効果の1つに、消費者の購買意欲を刺激して商品の売上を促進への貢献があります。印象的で魅力的なパッケージデザインは、それ自体が顧客にとって購入の決め手になることもあります。事実、全国規模のアンケート調査ではパッケージデザインを理由に商品を購入した経験のある人は少なくありませんでした。パッケージデザインによる訴求効果は決して無視できないポイントです。

「Vol.19 パッケージデザインで購買意欲をアップさせるコツ」を見る

パッケージデザインについて検討する中で、シンプルなデザインこそが商品にとって最適になることもあるでしょう。シンプルなパッケージデザインを選択することで、商品の高級感を演出したり、シンプルさを好む顧客層へアプローチしたりといったことも可能となります。反面、シンプルかつ魅力的な表現はデザインの世界でも難しく奥の深いものであり、本当にシンプルデザインを求めるのであれば相応の技術やスキルが必要となります。

「Vol.20 シンプルなパッケージデザインの考え方とは?」を見る

パッケージデザインを考えるうえで、必須とされる資格は特にありません。しかしコミュニケーション能力・グラフィックデザイン能力・プロダクトデザイン力などのスキルが必要です。スキルを高めることによって、パッケージデザインの幅も広がります。また問題解決タイプ・使用場面提案タイプ・使用体験創造タイプの3つの視点でパッケージデザインを考えることも重要。消費者に新しい体験を提供できて商品をアピールしやすくなります。

「Vol.21 パッケージデザインをするうえで必要なスキルとは」を見る

メリコの法則は3つの言葉「目立っているか」「理解しやすいか」「好感が持てるか」の頭文字を取ったもので、パッケージデザインをする際に意識するべき法則です。パッケージデザインはただ目立てばいいというものではなく、消費者が直感的に理解できて好感が持てるデザインにする必要があります。法則を意識してバランスを取ることで、ターゲットへ効果的にアピールできるパッケージに。ターゲットの目に留まりやすいデザインにすることで、売上にもつながります。

「Vol.22 パッケージデザインで意識したいメリコの法則とは?」を見る

ブランドコンセプトを作るうえで、一番大切なことは明確で誰にでも伝わりやすい表現にすることです。曖昧な表現だと、人によって違った意味でとらえてしまう可能性もあります。またブランドコンセプトはブランディングにおいて大切な役割を果たすため、市場分析やターゲットの明確化を図ったうえで考えることも重要。ブランドコンセプトはぶれてしまうと商品・サービスづくりに統一感がなくなってしまうため、プロに依頼するのがおすすめです。

「Vol.23 パッケージをデザインする前にブランドコンセプトの作り方を知る」を見る

OEM開発におけるパッケージデザインは、製品の第一印象を決定づけ、消費者の購買意欲を高める重要な要素です。このデザインは、製品の品質や価値を伝え、ブランドイメージの構築にも寄与します。エコフレンドリーな素材の選択や、視覚的魅力と機能性を兼ね備えたデザイン、高品質な印刷技術の利用が重要です。また、ターゲットユーザーの特徴やブランドイメージ、販売場所の特性の明確化も必要。どのように製品の成功を促進するパッケージデザインを実現できます。どのような考えかをするとよいのかこの記事ではまとめています。

「Vol.24 OEM開発とパッケージデザインの役割と考えるポイント」を見る

現代において、パッケージデザインは製品の第一印象や消費者の購買行動に影響を与えるだけでなく、生産から廃棄に至る環境影響も重視されるようになりました。持続可能な社会への貢献には、資源の有効活用、廃棄物の削減、海洋汚染の防止、生態系保護を意識したパッケージデザインが不可欠です。企業はSDGsを意識したパッケージデザインを通じてブランド価値を向上させ、持続可能な消費を促進する責任があると言えます。その過程に不安があれば専門のプロフェッショナルに相談することも一つの手段だといえるでしょう。

「Vol.25 SDGs時代のパッケージデザイン」を見る

パッケージデザインでは、著作権の知識が不可欠です。著作権は作品の創造者に自動的に与えられる権利で、作品の利用許諾、複製、公開などを独占的に保護します。侵害にはデザインの模倣・トレース、他者のデザイン・イラスト・写真の無断使用、既存のパッケージデザインの要素の無断組み合わせが含まれます。これらの行為は、刑事上の罰則や民事上の請求を招くリスクがあります。どのようなポイントを注意するべきかまとめました。

「Vol.26 パッケージデザインにおいて注意すべき著作権」を見る

商品の魅力を最大限に引き出すパッケージデザインの作り方を解説した記事です。商品保護や情報伝達だけでなく、ブランドの顔としての役割を果たすパッケージの重要性から、効果的なデザインのための手順、自社でデザインするメリットや注意点までを網羅。ターゲット層の理解や素材選び、環境配慮など、消費者の目を引き、ブランド価値を高めるためのポイントを分かりやすく解説します。

「Vol.27 パッケージデザインの作り方とは?」を見る

パッケージデザインにキャッチコピーを取り入れる必要性と、その効果を最大限に引き出すためのポイントを解説した記事です。キャッチコピーは商品の特性やメリットを瞬時に伝え、消費者の購買意欲を刺激する重要な役割を持ちます。記事では、キャッチコピーによる好感度アップ、共感の誘発、差別化の促進などの効果を紹介。効果的なキャッチコピー作成のための5つのポイントについても分かりやすくまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

「Vol.28 パッケージデザインとキャッチコピーを考える」を見る

持続可能な未来に向けたエコなパッケージデザインの重要性と実践のためのポイントについて解説します。環境汚染、特にプラスチックによる海洋汚染の増加や消費者意識の変化、規制の強化などがエコデザインの必要性を高めています。エコデザインは、環境への配慮と共に、ブランドイメージの向上、コスト削減、規制対応という企業にとってのメリットももたらします。パッケージのデザインを考える前にぜひ一読してみてください。

「Vol.29 パッケージデザインとエコを考える」を見る

関連記事一覧