ブランディング戦略におけるパッケージデザインとは? パッケージデザイン総合解説
パッケージデザイン会社の選び方 » [特集]老舗企業を輝かせるリブランディング » パッケージデザインを行う際に押さえたい色

パッケージデザインを行う際に押さえたい色

パッケージデザインを考える際、必ず色を意識するはずです。色によって商品に与えるイメージも変わり、売り上げに大きく影響を及ぼすでしょう。このページではパッケージデザインと色の関係性やタブー色などを分かりやすく解説します。

パッケージデザインと色の関係性

私たちの生活には様々な色で溢れています。あらゆる情報を色から感じとることで、心身共に影響をきたすこともあるでしょう。たとえば自宅にある水道を見てみても、お湯は赤色、水は青色で表記されることが多くなっています。つまり無意識に色によって情報を読み取っているのです。

パッケージデザインも同様で、色合いによって商品を手に取ってもらうきっかけになります。商品のイメージに適した色を上手く配置すれば、どのような商品なのかをストレートに伝えることも可能。またターゲットに合わせた色合いにすることで、商品の魅力を高める要素にもなるでしょう。

色がもたらす購買意欲への影響

人の心理にも色は影響を及ぼすと考えられており、営業の戦略などにも活用されています。たとえば会社のコンセプトに合った色を用いることで、ターゲット層に効率的に訴求する効果が得やすくなります。色によってブランドのイメージも確立させられるため、競合他社との差別化の役割も果たすほど、色の効能は高いものです。

パッケージデザインも同様のことがいえるでしょう。もちろん商品そのものの色を変えるのは難しいですが、パッケージであれば自由度は非常に高いはずです。実際に消費者にとっても商品自体よりもパッケージで、どのような商品なのかのイメージを膨らませており、パッケージの仕上がりによって購買行動を向上させられるでしょう。

たとえばスーパーなどで赤いネットに入ったミカンが陳列されているのを見たことありませんか?実は、これも同化現象を活用したパッケージ方法なのです。ミカンはオレンジ色をしており、赤いネットに包むことで色が同化し、美味しそうに見える現象が起こっています。こういった現象を上手く活用し、消費者の購買意欲が高められる色を選ぶことが重要です。

パッケージにおける色の役割

商品のイメージ色

たとえばチョコなら茶色、イチゴなら赤、バナナなら黄色など、商品によってイメージする色がハッキリ決まっています。そのため、そういった商品であればイメージに合わせた色を用いた方が、ストレートに消費者に商品の魅力が伝わりやすいでしょう。

たとえばバターだったら何色をイメージしますか?多くの方が黄色を思い浮かべるでしょう。過去にイメージにとらわれない戦略を打ち出した商品で、白いパッケージのバターが販売されたことがあります。しかし白のままでは売れ行きが乏しく、黄色に変更したところ大ヒット商品になったそうです。つまり商品のイメージカラーを上手く利用することで、消費者の購買意欲が高められるでしょう。

等級色

たとえば金色の紙に包まれたチョコレートと普通の白い紙に包まれたチョコレートでは、どちらが高級な印象を与えますか?高級感を消費者に与えるのは金色・銀色・黒色などがあり、高級感を演出したいパッケージデザインには多く用いられています。つまり商品のコンセプトによって色を使い分けることで、消費者に与える印象も大きく変わってくるでしょう。

ファッション色(差別化色)

例えば、同じ色合いの服ばかりを着たいと思っている人もいるかもしれませんが、一般的には同じ服を毎日着用すれば飽きがくるでしょう。パッケージデザインにおいても流行の色があり、それを活用することで消費者の目を引き付けることにつながります。とくに新製品であればファッション色を上手く取り入れ、競合他社と差別化が可能。陳列時に目に留まる色を用いれば、販売効果が高められます。

パッケージデザインの4大販売色

パッケージデザインを行う上で欠かせないのが「4大販売色」です。赤・青・黒・白の4色のことで、ロングセラー商品にも多く用いられています。4大販売色ごとの特徴を見ていきましょう。

赤色

赤色には情熱・強さ・興奮などのイメージを抱きやすく、温かみやエネルギッシュ、食欲アップなどの効果が期待できます。そのためカイロや温かな食べ物などの商品のパッケージとして採用されるケースが多いでしょう。気分も高まりやすいので購買意欲アップにつながる心理効果があるだけでなく、お祝い事にも適した色合いです。ただ高い攻撃性をイメージされる場合もあるので、赤色を扱う際は注意しましょう。

青色

青色と言えば海・空など爽やかな印象を与える色です。清潔さ・冷たさなども感じさせ、世界中で好まれている色と言えるでしょう。さらに気分を落ち着かせる効果も期待できます。そのため洗剤・発熱時の冷却シート・スポーツ飲料などに多く用いられているのです。青色を配置することで、清潔感や清涼感を消費者に与えるでしょう。

黒色

黒色は重厚感・高級感を与える色で、黒を背景にすれば周りの色を引き立たせる効果も期待できます。ただ黒色の難しい点は、闇・恐怖などマイナスのイメージも与えてしまうということ。パッケージを黒一色にし過ぎてしまえば、どこか立ち寄りにくい強いイメージを与えかねません。ブラックコーヒーなどの商品に用いられていることが多く、商品のイメージカラーを重視しています。

白色

純粋・無垢・明るさ・開放感・清潔さなどのイメージを抱きやすく、世界的にも神聖な色として取り扱われています。ただ白色には何も含まない冷たさ・孤独というイメージを抱くことも。牛乳・ヨーグルト・トイレ回りの備品・サプリメントなどの商品パッケージに多く使われています。商品におけるイメージカラーを重視し白色を選んでいるケースだけでなく、清潔さなどのイメージを生かしたパッケージで使われることも多いでしょう。

タブーな色が存在する?

必ずパッケージに使ってはいけない色はありません。ただパッケージデザインの世界では商品によってタブーとなる色があり、必ず認識しておく必要があります。たとえば食品のパッケージで寒色系を使用すると、食欲減退作用があるのでタブーとされているようです。ただ寒色系に含まれる青色が4大販売色のひとつであり、どの商品にも寒色系が使えないわけではありません。商品のジャンルによってタブーの色が変わり、ジャンルによってはタブーとされている色で商品が魅力的に映ることもあるでしょう。

ターゲット別!パッケージデザインの色の違い

人によって食べ物などの好みが違うように、色の好みも人それぞれでしょう。一番重要なことはターゲットに対し、購買意欲を高めるような色合いを選ぶことです。ここではターゲット別にパッケージデザインの色について見ていきましょう。

年齢

性別でも色の好みは変わってきますが、同じ性別であっても年齢と共に徐々に好みの色も変化していくでしょう。たとえば20代の女性であればピンクや水色などのパステルカラーを好む方が多く、40代・50代であればシックな落ち着きのある色が選ばれる傾向にあります。この傾向を踏まえて、ターゲットの年齢を明確にすることでパッケージデザインの色の検討材料になるでしょう。もし幅広い年齢層がターゲットの商品であれば、どの年代からも好まれる色を用いる必要があります。

地域

居住している地域によっても好まれる色が異なってきます。たとえばヨーロッパエリアであればオレンジ、アメリカ・カナダエリアでは黄色、アジア諸国なら白色が人気の色と言われています。また日本の20代女性はパステルカラーを好む傾向にありますが、中国系の20代女性は土・植物などをイメージするアースカラーを好むと考えられているようです。つまり地域・環境などでも好みの色が変わることを念頭に入れておきましょう。

社会性

基本的にはパッケージデザインは、商品の特徴・魅力をアピールする大切な部分です。そのため商品に合った色を用いる必要があります。日本において温かい・辛いものなら赤、冷たいものなら白、冷蔵庫・洗濯機などは白、テレビやパソコンなどは黒という色が定着しているでしょう。もちろん白物・黒物だけで全て統一されるのではなく、自社のターゲットに興味を引く色を選ぶことが大切です。

まとめ

パッケージデザインの色には、購買意欲を高める効果も期待できます。ただ色によっては商品の魅力が上手く伝わらないケースもあるでしょう。

パッケージデザインを新しく考えるのであれば、色だけでなくフォントなど様々な知識が必要です。社内にいるメンバーだけでなく、デザインを仕事にしている会社の手を借りるのも一つの方法でしょう。